スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月ふりかえり

【桜】

今年は咲き始めるのは早かったけれど、 途中で冬に戻ったので2週間くらい楽しめました。
座ってお花見はしなかったけれど、 歩いてお花見はたくさんしましたよ。


この辺で「密」を避けるのはとっても簡単。 今年も綺麗だったなー。

4月のイベントあれこれ、 来年はできますように。




【テイクアウト】

飲食店がどんどんテイクアウト対応になっていって、 飲食店を応援するサイトが立ち上がっていって、 SNSをやっていなかったお店も始めるようになって、 テイクアウトの内容もどんどん改良されていって、 お店の努力が感じられてまた買いたくなって…


連休中は積極的にテイクアウトを利用しようと思います。
どこにも行かないわけですし 毎日お家でパーリーしたっていいじゃないですか。 10万円給付されるんですし。 ※富岡市民はプラス1万円ですよ。

好きなお店を応援できるチケットもあります。 よかったら使ってくださいね〜 ↓ 富岡未来チケット



【庭】

おうち時間が増えたおかげで お庭をじっくり楽しむことができています。
外出自粛で家庭菜園に力を入れる人が 増えているそうですけど、それもいいですね。
食べるものがどうやってできているか 知ることはとても大事。


そして料理を作ってみることも大事。
生活力を身につけるって、 その後の人生で絶対に 無駄にならないからいいと思います。
学生のみなさん。 勉強の遅れは気にせず、 家事を手伝って生活力を上げよう。



【ステイホーム週間】

今年の大型連休はそう名付けられたんだそう。 日本各地の観光地が「来ないで」って言ってます。
この時期、気候も景色もこの辺が最高なので 家にいても全く辛くはないのですが、 実家に帰れていないのはちょっと寂しいです。

最近の投稿

3月ふりかえり

2月ふりかえりは忙しかったので飛ばして3月です。

春って嬉しいですよね。 今年は暖冬で、寒くて辛い思いはあまりしなかったけれど、 日照時間が短いと元気がなくなるタイプなので 春が来るのは本当に嬉しいのです。



でも今年の春はなかなか厄介なことが起きました。 新型コロナウイルスです。
学校は3月3日から春休みまで急遽臨時休業に。
世界で感染者と死亡者がどんどん増えていくなか 東京は相変わらず人だらけ。
オーバーシュートにロックダウン? お年寄りが危険なんだから日本語でお願いします。 なんて言ってる間に・・・



3月28日、市内で初めて感染者が確認されました。
これはもう、自分を含め、誰が感染していてもおかしくない状況。
"移されないように"よりも "移さないように"しなくてはならない、と強く感じました。
自分に肺炎の症状が出ても諦めはつきます。 でも自分が知らず知らずのうちに移してしまった人が もし… そんなことは絶対に嫌だ…



常に感染の危険にさらされている中で 踏ん張っている医療従事者の方々には本当に感謝です。
医療崩壊させないためには、 感染者を一気に増やさないことが大切。
というわけで世の中に「自粛要請」という言葉が飛び交うわけですが、 「遊びに行かないで」「飲みに行かないで」 だけ?お店の方はどうするの? 「ちゃんと補償するからみんな休業して!」とかは?



だいたい、仕事は普通に行ってる人が多いわけだし、 学校も再開しそうだし、 手洗い、マスクといった感染を広げない方法を 全国民に徹底的に周知させようぞ。
簡易マスクじゃウイルス防げないとか、そういうことじゃない。 己の唾を人に飛ばすのを防ぐためだ。 マスクをしてくださいお願いします。

マスクが買えない、作れない人は、 ハンカチとヘアゴムで作れるのでやってみーてねー。



ちなみに私は ALL YOURS が公開してくれた型紙で縫いました。



キテテコマスクが届いたら、
どれだけ快適さが違うのか夫に聞いてみます。





「来年まで我慢!」とか

1月ふりかえり

あけましておめでとうございます。
今年はねずみ年ですね。
富岡市立美術博物館の200円ワークショップ、 子どもたちが美術博物館に来るきっかけになっていて とてもよいと思います。(大人も熱中できます)

こんなに立派な美術館、 授業でたくさん使ったらいいのになぁ。

海外の美術館を訪れた時、 床に座って学芸員さんお話を聞く小学生の団体や 模写をする学生さんたちの姿が必ずあって 「こんな授業何度もあったら良かったのに!」と思いました。




1月の美術博物館。
副田高行さんの新聞広告の展示(終了)と、 T氏のコレクション展(2/24まで)へ。

副田高行さんと一倉宏さんのトークショーに行ったんですが、 昨年の小松美羽さんのライブペインティングしかり、 地方都市でこういった体験ができることに喜びを感じました。

上の写真はT氏コレクションより、冨田伊織さんの透明標本。
他にもすごく好きな作品があって、 また見たいので今月も行きます!




年末に行われた「昼食付き無料学習会」の反省会@co-jiro
こども支援団体 みんなのおうえん団の輪が 広がっていることを実感しました。

行政任せにするよりも、 自分たちで小さな一歩を踏み出して地道に活動する方が 遥かに早く物事が変わっていくんですね。
もちろんフツーの主婦には難しいことがたくさんあるのですが、 この団体の代表さんは、自分には難しいと思ったら即座に助けを求めて、 いい人材をどんどん掴んでいく才能があるんです。

来年度は、本来の目的である 「日常的な居場所づくり」に近づいた活動が始まるとのこと。 注目です。




冬。
蒸したてのお饅頭が美味しい。
中身はお肉だったりかぼちゃだったり。
手作りが最高に美味しいのでハマってます。





寒くても天気がいいのが関東の冬。 しかも風がそれほど強くないのが富岡の冬。
晴れた日は外で体を動かすのが吉。 息子に道を教えてもらって、 近所の古墳まで歩きました。

群馬って古墳多いですよね。
群馬県立歴史博物館の埴輪の充実ぶりはさすがです。



12月ふりかえり

ここ数ヶ月のこのブログ、 2つのインスタアカウント(個人まゆといと) から漏れた写真を掲載するだけのコーナーになっていましたが、 今月からは文章も書いていこうと思います。

私のファンの方だけ読んでください。もしいらっしゃれば。



まず12月は、こんな服装から始まりました。 母の着物を借りて、結婚式以来の和装です。
というのも、息子の七五三撮影を和装でやりたい!と思ったからで。
息子が生まれてから撮影をプロにお願いしたのはこれが初。 どこに頼むかは、妊娠前にすでに決めていました。
富岡市下高尾にスタジオがある『凛』さん。
代表の方に取材をさせてもらったことがあり、 とてもとても素敵な方だったので 「もし子どもが生まれて七五三ができることになったら頼もう…」 と考えていたのです。
叶いました。元気に育ってくれてありがとう。





ずっとやってみたかった芝生の上での会議。 気温さえ不快でなければ、かなり気持ちいいのでおすすめです。
もっとこの場所で遊びたいなぁ。鬼ごっことか…。
市役所で働いている人たちは、毎日この芝生広場を目の前にして 「シート敷いてお昼ご飯食べよ〜」とか考えないのでしょうか?
ちなみに2020年にやりたいことの一つに、 「真夏にしるくるひろばで散水して子どもたちをキャーキャー言わせる」 というのがあります。
許可は下りるのでしょうか。楽しみです。




昨年に続き2回目のクリスマスマルシェ。良かったですね。
おかって市場さんが仕掛けるイベントというのは 本当にセンスが良くて楽しい。そして美味しい。
このイベントは富岡市と共同で開催しているんですけどね。 来年もやって欲しいなぁ。
この写真は、元地域おこし協力隊員で染織作家の方のブランド 『シンラ』が販売していた小物類です。タッセルが素敵でした。




初の謎解き宝探しゲームをやりました。
面白いんですね。頭と体のいい運動になります。 観光も同時にできますし。
初日に挑戦したのに先着30名の景品が終わっていたのには びっくりしました。人気なんですねぇ。
これ、3/31までやってますよ。




『寛 kuturogi』にお菓子屋さんが入りました。 不定期オープンなので、行く前にインスタをチェック→
私はクッキー類がかなりお気に入りです。 次はドーナツにも出会いたい。

11月まとめ

cocon vol.9を配り歩くことから始まった11月。
ぜひ読んでくださーい。
フリーペーパーcocon

かごバッグ、はるもにあさんで来年買いたい。



👏



うどんがいい→はんど休み→喜八郎




 自然史博物館の海藻の展示、良かったです。




動楽市では最近こちらのガラス作家さんがお気に入り。




その後急に空いた時間で軽井沢へ行き、



紅葉とロイヤルミルクティーとアップルパイを。




ある日はご近所さんがワークショップを開いてくれて、 赤ちゃんの可愛さを補給しながらの楽しいひととき。




妙義フェスはやっぱりお天気が良くて、