スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2010の投稿を表示しています

大塩湖 ツツジと八重桜編

相方がジョギングするというのでついて行きました。 レッツ  大塩湖 湖沿いの道路にずらりとツツジ。その横にずらりと車。 ウォーキングをされている方が多いんですね。 おや? 「結婚の森」とは一体なんでしょうか。 明日入籍を控えている私たちですから、 これは行かない訳にはいけません。 ほほーう。そういうことでしたか。 じゃ、いつか植えますか。 (ちなみに記念植樹は結婚記念以外にも何でもありでした。) 大塩湖の外周は一周3km。 ここなら距離を感じず楽しみながら走ることができそうです。

ところかしこにハナミズキ

近所を歩いていて気付いたことがあります。  ハナミズキ の木が多い 。 この辺り、庭木に植えているお家が多いです。 外から来た人間じゃないと気がつかないと思いますが。 高崎には「ハナミズキ通り」もありますね。 桜が散った後も 白とピンクの花が住宅街を彩りとても綺麗です。

松浦という店

布が必要だったので、教えられた店へ行くため 探しながらふらふら歩いていると、 途中で別の手芸屋さんを発見。 ボタンばかりで布が置いてある雰囲気はなかったけれど、 お店の佇まいが素敵すぎるので中に入ってみました。 引き戸が重い。 店番は、背の高いおじいさんがひとり。 「布はありませんか」と聞くと、裏地くらいしかないとのこと。 しかしものすごい数のボタン!これぞ専門店。 聞けばもう56年もやっているそうな。 「こういう店は、これからはやっていけないですよ」 今はおじいさんとおばあさん二人でやっていて、 自分たちが出来なくなったら店も終わりだと言う。 残っていてほしいなぁ。 残すべきだよなぁ。 だってこの味は新しいものには出せないから。 近くにあった大手の手芸屋も閉店してしまい、 この近所で服地を扱う店は他に一軒だけ。 「今は自分でやる人がいなくなったからね」 そうなんですよね、買ったほうが安いし手軽だし。 でも私は手作りが好きです。 過程を楽しめて、愛着がわいて、大切にできるから。

鼻高展望花の丘 菜の花編

高崎から富岡に帰る途中で看板を見つけたのです。 『  鼻高展望花の丘  → 』 「鼻高」って面白い地名だな。 晴れてるから高いところに行きたかったんだよな。 ってことで →  菜の花まつり開催中 ♪ 鯉のぼりもたなびいております。 童心にかえって、花の迷路に突入です。 でも小さい子がいたほうが絵になるなぁ。 鼻高展望花の丘、絶景! 妙義山 榛名山 赤城山 おまけに浅間山や谷川岳まで綺麗に望めました。 地域住民の方々が遊休農地を利用して作ったお花畑。 お祭りも手作り感たっぷりで親しみが持てます。 ちびっこ連れて、また来よう。

やよいひめ

結婚するにあたり、 親の顔合わせというものがあります。 緊張しますね。 結納は無しということでお土産交換をしたんですが、 富岡から頂いたこれ、すごい、すごい! おおおきいいいい ♪ こんなに大きくて美しい苺、滅多にお目にかかれませんよ。 見ているだけで惚れ惚れしてしまいます。 もちろんお味も・・・ おいしいいいいい ♪ これにはウチの父もご満悦。 おかげさまですんなりお嫁に行けました。 とちおとめに比べまだまだ認知度は低いですが 群馬のブランド「 やよいひめ 」、 これからですね。

とりあえず、上毛かるた

埼玉県入間市で生まれ育ち 東京都三鷹市で就職、一人暮らしの後 公共交通機関を使って全都道府県を制覇し 栃木県那須町で約一年間過ごし 原付で二度目の旅をして 縁あって 群馬県富岡市にお嫁にきました 群馬県民の仲間入りということで 引っ越し初日に本屋で 上毛カルタ を購入 これ、暗記してるのが常識なんですよね?

城下町小幡さくら祭り

甘楽町 小幡 は、織田家ゆかりの 城下町 。 古い街並、雄川堰、桜並木 そんな情緒ある通りに屋台が並びました。 そして 武者行列 !あら美人さん。 みなさん思い思いの武者姿で(自前の甲冑も!) 楽しそうに歩いてらっしゃいましたよ。 お祭り広場に移動。 たくさんの出店があって、 たくさんの風船がぷかぷかしてて、幸せムード満点で、 天気も良くなって来るもんだから 甘楽町が好きになりました。

すぐそこ桜の名所

住むことになって初めて富岡に来たのが、 ちょうど桜の季節でした。 花見がしたいと言いました。 「見所はたくさんあって、どこも混まないよ」 とのことでした。 コチラのページ に花見スポットが書かれていますが、 その中にないのが、ここ。 城山公園 という もしかして「富岡城」ってのがあったの? という 検索してもほとんどひっかからない公園です。 富岡の中心地が見渡せる山の上では お弁当を食べている家族が何組かいました。 こんなに満開で、こんなに暖かな休日なのに、静か。 贅沢すぎて、眠くなる。