松浦という店



布が必要だったので、教えられた店へ行くため
探しながらふらふら歩いていると、
途中で別の手芸屋さんを発見。

ボタンばかりで布が置いてある雰囲気はなかったけれど、
お店の佇まいが素敵すぎるので中に入ってみました。

引き戸が重い。
店番は、背の高いおじいさんがひとり。


「布はありませんか」と聞くと、裏地くらいしかないとのこと。

しかしものすごい数のボタン!これぞ専門店。
聞けばもう56年もやっているそうな。

「こういう店は、これからはやっていけないですよ」

今はおじいさんとおばあさん二人でやっていて、
自分たちが出来なくなったら店も終わりだと言う。


残っていてほしいなぁ。
残すべきだよなぁ。
だってこの味は新しいものには出せないから。

近くにあった大手の手芸屋も閉店してしまい、
この近所で服地を扱う店は他に一軒だけ。

「今は自分でやる人がいなくなったからね」
そうなんですよね、買ったほうが安いし手軽だし。

でも私は手作りが好きです。

過程を楽しめて、愛着がわいて、大切にできるから。



コメント