おかって市場 扉の向こう編


おかって市場があるのは、大正時代に建てられた繭の乾燥工場跡。

扉の向こうにはそれがそのまま残されていました。


光源は窓から差し込む日の光のみで、

薄暗くてホコリっぽくて・・・ケホ


感激です。


時が止まっている。


“あの時”が、今ここにある。



「二階のあそこは見た?」



再び二階に上がり、
布で隠されていた重い扉の向こうへ通して頂きました。

お蚕さんを落とす穴の大きさに驚きつつ、
店主さんお気に入りの景色が見える場所へ。


赤錆の屋根と赤れんが倉庫が

夕日でさらに赤く照らされていました。




コメント

  1. はじめまして(^0^)御邪魔させて頂いたので、
    とりあえず御挨拶を…と思いました。
    また来ますので、ヨロシクお願い致します。

    返信削除
  2. えりちゃんおめでとう。
    有○さんの所へ行ったらニコニコ顔で
    心から喜んでいたよ。
    新生活、那須から応援してるよ。


    返信削除
  3. kokoさん
    はじめまして☆ありがとうございます。
    新たなつながり、とても嬉しく思います。
    こちらこそよろしくお願いいたします。
    オーナーさん
    ありがとうございます!
    早く生活を軌道に乗せて
    二人でご挨拶に行きたいです。

    返信削除

コメントを投稿