山開きだよ稲含山


群馬初登山は、甘楽町と下仁田町の境にある稲含山へ。


普段は静かな山らしいですが、
この日は山開きとあって地元の方々で大賑わい。

3~80歳以上(推定)の男女が
急な坂道を頑張って登っていました。


甘楽町側から登ると、この神社に着く前に
夫婦ケヤキや別の古い神社がありましたよ。


頂上からは、群馬じゅうの山々に加え
八ヶ岳まではっきり見渡せました。

こりゃ素晴らしい。


下山して桜の木の下でお弁当を食べた後は、
歴史ある稲含神社の太々神楽を鑑賞。

今日は神社の春季例大祭でもあったのです。


人が増えたと思ったら、これが目当てだったのか。

山頂の神社にたくさんの人が訪れていた様子や
お神楽が受け継がれている様子に、

「話に聞いた日本」の姿を見た気がして
なんだか感動してしまいました。



稲含山の麓にある集落の美しさにも感動。


生きた日本の里山、秋畑那須地区。

今度ゆっくり散策してみることにしましょう。






コメント

  1. ��Mさん
    天然のスケートリンクですか!秋畑は別世界ですよね~
    住むとなったら大変そうですが、感動も大きいんだろうなぁ。
    ��エディホさん
    コメントありがとうございます☆
    自転車で行かれたんですか、素晴らしい。
    残したい風景がたくさんある場所ですよね。

    返信削除
  2. はじめまして!
    秋畑那須といえば有名な写真がありますね。
    http://plaza.harmonix.ne.jp/~udagawa/akihatanasu.htm
    この写真が撮影された場所にどうしても行きたくて、上州富岡駅から自転車でてくてくと走りました(^^)

    返信削除
  3. 母の実家が秋畑なので、私も子供の頃毎年、親戚みんなで稲含登山しましたよー。
    当時から鯉のぼりもあって、下が池になってませんでしたか?
    冬になると池に氷がはってスケート場になって、両親につれていってもらってました。
    小幡と秋畑、隣なのに、夏は涼しく、冬寒い。
    温度差にびっくりです。笑

    返信削除

コメントを投稿