スキップしてメイン コンテンツに移動

南牧村で滝めぐり その1


涼しくて静かなところへ行きたい方には

富岡市の南西、下仁田町のお隣の南牧村がオススメです。

なんもく滝マップ』をどこかで手に入れられればラッキー☆


今回の滝めぐり、まず初めに訪れたのは『線ヶ滝』。

白線を引いたように40m落ちています。

ものすごい勢いで真っ直ぐに落ちています。

高い場所から見た後、
階段を下りて滝壺付近まで行くことができますよ。


お次はそこから少し山歩き。
40分ほど山登りをしてやってきたのは『威怒牟幾不動』。
思いがけず滝に会えました。

断崖の上から降り注ぐシャワー。
落ちる雫はまるでスローモーション

こちらは滝の裏側に行くことができました。
可愛らしいお不動様が待ってますよ。


お昼には村で唯一のビアレストランへ。
元保育園の一風変わったレストラン、かなり居心地が良いです。

南牧名物『炭入り』の、『炭入りピザ』は、
灰色をした薄めの生地がもっちもちで美味でした。

今度は地ビールも飲んでみよう。


つづく

コメント

  1. イチゴの花って初めてみた~!!
    やよいひめ、大きくておいしそう(^◇^)
    ルタオのストロベリーフロマージュ美味しかったなぁ~♪

    返信削除
  2. Kenさん
    わ、ドゥーブルしか食べたことないです。
    おいしそう~

    返信削除
  3. ドゥーブルも美味しいよね♪
    たまにお取り寄せします。ストロベリーは季節限定です!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

富岡市のパン屋さん

富岡市の個人経営のパン屋さんを 『 知りたい!富岡市内のパン屋さん 』 にまとめました〜🍞 2019年の情報ですので、 営業時間の確認などに使ってください🍞 店主さんとお話ししてみると、考え方は少しずつ違っても 皆さん真っ直ぐにお仕事をされているということがわかりました。 これからは今までより気持ちよくお買い物ができます♪ 他にも何か見たい特集があれば教えてくださ〜い。

子育てアンケート

初めて「前橋こども公園」という公園へ行ってきました。 知らなかった・・・ 「るなぱあく」からほど近くにこんな場所があったなんて・・・ すごいです。一日いられます。 でも家から遠いなー。 前橋に住みたくなっちゃうなー。 なんてね。 でも他にもいろんな理由で 「子育てするなら他の市町村がいい」と 思ったことのある人はいるかもしれませんね。 そんなあなたの手元にもし 「 子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査票 」が 届いたならば、ぜひ記入して投函を! 届かなかったけど意見がある人は ホームページのお問い合わせフォームに! 家で愚痴ってても何も変わらないからぜひ! 次の人たちのためにぜひ!

11月ふりかえり

11月。いい季節だけれど なんだかやけに仕事が集中してしまい、 ほとんど庭に出ませんでした。 年末年始は家の中も外もしっかり お掃除しよう。 冬の庭の手入れは楽しいのです。 秋晴れの日に 中高瀬観音山遺跡を散歩。 見晴らしがよくて 自分以外誰もいないという状況が大好き。 一人ってなんでこんなに楽しいんでしょうね。 草や木や空や虫と会話してるような気も しないでもないです。 怪しい人に見えるんでしょうね。 ある日のおかって市場ランチ。 おかあちゃんのスタミナランチ曜日 (勝手に命名)でした。 素晴らしいボリューム。 美味しいし、なんだか元気になる。 しかもめっちゃ安い。 お腹いっぱいで夕食代も浮きました。 田舎に住んでていてよかったことの一つ。 紅葉シーズンの朝と夕方、 家の周りがこんな色になるので 夢見心地で過ごせます。 これからは寂しくなるけど、 新緑でまた感動するからいいんだ。 3連休の真ん中に開催された 「Outdoor party on the grass」 富岡のイタリアン、フレンチ、和食の名店がコラボしている その光景が美しかったなぁ。 スープもパエリアもランチのメインも さすがの美味しさでした。 そしてお天気が良くて気持ちよかった! 持参したハンモックをたくさんの人に使ってもらえて とても嬉しかったです。 子どもも古本屋で好みの絵本と出会えて、 すっかりお気に入りに。 いい一日になりました。 連休最終日は甘楽町でも紅葉を満喫。 紅葉山公園を歩いて、 総合公園を歩いて、 お昼ご飯を食べたその後は・・・ 富岡製糸場のレゴブロック展へ。 10月にオープンした西置繭所、見応えありますね! ここが公開されてようやく 世界遺産に来た感があるというか、 1,000円の価値あり!って思います。 ま、市民は入場無料なんですけどね。 (レゴブロック展は有料です) 歩き疲れた体を温泉で癒やして、 3連休は終わり。 近場でこれだけ楽しめちゃうから、 富岡甘楽の暮らしはやめられません。 ・ 他の写真は、こちら↓へどうぞ。 @mayutoito @tomiokanra