富岡な本日の三冊


地元を知るために、図書館で本を借りてきました。


官営富岡製糸場の工女、和田英さんが書いた
富岡日記』の口語訳版

富岡日記を織り交ぜながら富岡のあゆみを
まとめた『赤煉瓦物語

そして漫画、銀河鉄道999。ではなくて、

松本零士さんの漫画で原始時代~現代の富岡を
描いた『漫画絵巻 富岡の歴史


小学生でも読める優しい三冊です。



何気なく見ていた風景にも歴史があることを
知れば、日々はもっと楽しくなるはず。






コメント