霧積温泉 金湯館


富岡市の北、安中市の松井田町にある温泉です。

碓氷川の支流、霧積川に沿う道を上って行くと、
行き止まりの駐車場に「きりづみ館」という宿が一軒。

そこからさらに徒歩で20分、
山道を登ると「金湯館」という宿が現れます。


こんなところに・・・

私たちは鼻曲山の登山をした帰りに立ち寄りました。
ハイキングとセットにするといいですね。とっても。



明治から続くこのお宿、
昭和56年まで電気が通じていなかったそう。

まさに「秘湯」といった佇まいです。


温泉は、源泉掛け流しでぬるめの「とろん」としたお湯。
いつまでも入っていたくなる良いお湯でした。

そして湯上がりにはお茶とお茶菓子のサービスも。

東北の山中にいるような錯覚を覚える雰囲気に
「泊まっちゃいたいなぁ・・・」
と心から思いましたよ。家から一時間なのに。


霧積温泉は森村誠一の小説
人間の証明」で有名になったそうです。

霧積を舞台にした西條八十の詩「帽子」を
モチーフにした小説なんですね。

松田優作主演の映画「人間の証明」は先日観ましたが、
今度はこれを読んでから行くとしましょう。



コメント