伊勢崎もんじゃ


B級グルメブームで注目されている
伊勢崎もんじゃ
を食べに行ってみました。

伊勢崎もんじゃってなんじゃという方は、
をご覧下さい。

まず念頭においていただきたいのが、
昔、駄菓子屋さんで子どもがおやつとして食べていたもの
であるということです。

ではレッツゴー


最初に行こうとしたお店が臨時休業だったので選んだお店。
うぶかわさん。

この雰囲気、「昔ながら」を求める私たちにはぴったりです。
やや入るのに勇気がいりましたが。

ところで「もんじ焼き」と書くお店が多いですが
もんじゃ焼きの語源が「文字焼」であるところからですかね。


さて、白髪のおばあさんが私たちのためにストーブを点け
キャベツをトントントンと刻んでくれました。

注文したのは、もんじ焼き二つ。
味付けを「あま」と「から」で。

ちゃんと勉強済みですから。
から」はカレー粉入り。
あま」はなんとイチゴシロップ入りですよ奥さん!


土手を作らず、一気に焼きます。じゅー。
気になる「あま」ですが・・・

甘いけど、ソースと馴染んで違和感無し!

お店によっても皆さん感想が違うと思いますが、
どちらもとっても美味しく頂きました。
いいおやつですよ~


伊勢崎ではこんなお土産も販売されています。

カレー粉とイチゴシロップの両方を入れた「あまから」が
初心者の方にはおすすめだそうでーす。



コメント