スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2011の投稿を表示しています

二年参り

初詣に「 二年参り 」という言葉が使われることを 群馬に来て初めて知りました。 (え?年越しの直前にお参りを済ませて、 零時を過ぎたらまたお参りし直すの?) と最初は困惑しましたが、 零時前後にお参りに出かけるということで なにも特別な方法ではありませんね。 ちなみに昨年は↓ 貫前神社の様子を見た後、長学寺で除夜の鐘を撞き 曽木神社にお参りをしてミカンをもらい 昼に貫前神社で長蛇の列を見て 賑わう雰囲気を楽しむだけ楽しんで通り過ぎる そんなアクティブな年越しでした。 さてさて今年はどうでしょう。 それでは皆様、良いお年を☆

石井食堂

※閉店しました 今も愛される「大衆食堂」です。 石井食堂( 地図 ) 広めの店内を見渡すと、 「懐かしの昭和」といった雰囲気ムンムン。 全部現役なんだから凄いですね。 レトロ感に酔いしれながらメニューを選びます。 これはかなりの種類。これは迷います。 では「煮かつ定食」と「親子丼」のミニセットで。 出てきてびっくり。値段からして、 まさか定食に冷や奴が付くとか、 セットにボリューム満点のサラダが付くとか 思いもしなかったので。 店構えからの想像を裏切らないお味で、 量もちょうど良くて満足できました。 とても印象的だったのは、 お店のおじさんおばさんが常連さんにかける言葉が 家族を想うように優しかったことですね。

D51とカレーうどん

安中の田園地帯で出会った  信越線の 高崎~横川 間を走る SL X'mas号。 来年の1月7・8・9日と、1月・2月の毎週土曜日にも 高崎~横川間を D51 が走りますよ。 しっかし寒い。 こんな時は・・・ みわや さん( 前回の記事 )の「カレーうどん」。 あ~美味しい ♪ あ~あったまる ♪

ネギミネーション

今年も開催中。 「ほたる山公園イルミネーション」 ( 下仁田町のページ ) 日本ジオパークに認定おめでとうございます。 では行ってみます。 おお!かなりネギを増量しましたね! もしやこれが「ネギナリエ」? 「ネギミネーション」に・・・ネギだるま・・・? 昨年よりバージョンアップ! それでも派手さはなく、 そこが下仁田らしくていいと思います。 個人的には、 昨年 の一本直立した超巨大ネギが好きだったので 来年の再登場を願います。

下仁田ジオパークって?

最近「 ジオパーク 」で盛り上がってる下仁田ですが 「で、それ何?」という私たちに向けて ホームページができたようです。 下仁田ジオパーク ふむふむ。 これはやはり、行って、見て、説明されないと。 そんなあなたに 下仁田町自然史館 この海とは縁遠い土地が、昔々は海底だったとは・・ と古代に想いを馳せたら、 下仁田 かつ丼 を食べて、 お土産に 下仁田葱 を買って、 ねぎミネーション を見て帰ると。 これはいい。

あのラスク

以前こんなことがありました 大阪から遊びに来たAさん: 「大阪のお土産を何にしようか困って、 ガトーフェスタハラダのラスク とかすごい流行ってるからそれも考えたんだけど...」 私: 「それ、群馬の会社」 Aさん: 「えっ!!」 東京でも大阪でも、ハラダの紙袋を持った人は たーくさん見かけますが、 群馬の会社だと知っている人は少ないはず。 ちなみに私は、期間限定のチョコがけラスク(写真)より ノーマルなやつが好きです。

ティールーム エクボ

「カフェ」ではなくて、 「喫茶店」とはこういうものですよね。 ティールーム  エクボ  → 地図 照明、椅子、テーブル、灰皿、マスター、常連客。 レモンスカッシュ、ミルクセーキ、ハムエッグトースト。 私の中での「喫茶店像」そのもの。 昔、家で食べた味と似ている。懐かしい味。 「外は寒いから」と出してくれたホットレモンが なんだかとても沁みました。

富岡 大イチョウめぐり

本日の大イチョウ@富岡、三本立て! まずは「 和合の大イチョウ 」→ 地図 和合橋のたもとに立つ、存在感のある一本。 と思いきや五本の集合体だそうです。ご立派。 遠くからでもよく見えますねー。 お次は「 龍光寺の大イチョウ 」→ 地図 形がいい。美しい。素晴らしい。 推定樹齢380歳ですって。 最後は「 長学寺の大イチョウ 」→ 地図 かなり上を見上げた写真です。別名「 虎銀杏 」。 富岡市で一番大きなイチョウの木で、 推定樹齢600年とか800年とか言われております。 だいぶ散ってしまいましたが、 地面がイチョウの海になっていて素敵でした♪ これら3本は 富岡市指定天然記念物 となっています。 富岡市のページ --------------------------- おまけ 「 貫前神社の大イチョウ 」は葉が全て落ちています。 下は11月10日の写真です。

高田食堂のカレー

「 富岡製糸場 工女さんも愛したカレー 」 というレトルトカレーでもお馴染みの 高田食堂 へ。 静かな銀座通りに佇む白い「洋食屋さん」です。 落ち着いた雰囲気の店内もまさに「洋食屋さん」。 しかしながら富岡のどこの レトロ食堂 にも 通じる空気が漂っています。(もちろん 中華そば有り ) まずはやっぱりカレーライス。 富岡製糸場で働く工女さんたちが食べていた 当時と同じ作り方 だというこのカレー。 具はゴロゴロ入った豚肉と玉ねぎ。 ”スパイシー”さが際立つ個性的な味で、 食べ進めると汗がどんどん出てきました! これはカツカレーも良さげですね。

れすとらん ヒロ

下仁田食堂めぐり第三弾は、下仁田駅目の前の れすとらん ヒロ 店内はあまり広くありませんが、 大きなテーブルと座敷があるのでファミリーでも。 オムレツ、スパゲティ、サンドイッチ、パフェ、、、 ラーメンからこんにゃくドリンクまで一通りあります。 相方はヒレカツ丼、私はミックスフライセットを。 ええ、「 下仁田かつ丼 」の美味しさと 下仁田の飲食店のレベルの高さは すでに身に沁みております。 もう次のお店に行きたくてしかたありません。 サービスセットだと食後にコーヒーまたは 神津牧場のソフトクリーム が付きますよ♪ 追記: あんみつ がオススメだそうです! 神津牧場のお土産も買えるので、 帰りの電車に乗る前に寄るのもいいですね。

下仁田納豆

こんなに近い場所で納豆が作られていることに 越して来た時は驚きました。 下仁田納豆のホームページ 群馬県産赤松の経木に包まれた 伝統製法 の納豆! 群馬県産大豆を使用したもの、 有田屋とコラボしたタレをつけたもの、 新たな食べ方を楽しめるもの・・・ 種類色々で納豆好きには楽しい嬉しい。 南田本店でしか手に入らない商品もありますよ♪ 工場見学もできるそうなので、 いつか行ってみようと思います。

桐生でまち歩き

織物産業 で有名な桐生のまち歩き。 紅葉がちょうど良くとても綺麗でしたよ~♪ まずは 桐生天満宮 で 本殿の彫刻 の素晴らしさにびっくり。 近くの 群馬大学工学部同窓記念会館 の 大正5年 建設のお洒落な建物をぐるっとまわって、 古くて立派 な家が多く残る街並を ぶらぶら歩きながら、 桐生と言えばの ノコギリ屋根群 の数々を見学。 イギリス伝来の ノコギリ型の屋根 をした工場。 桐生では 織物工場 に採用され、 明治から昭和30年代にかけて建てられたものが 今でも200以上残っています。 織物工場が減った現在は、 アーティストの アトリエ や お菓子屋さん 等として再生。 ベーカリーカフェレンガ の店内に飾られた 昔の写真 が素晴らしかったです。 また、11棟の蔵群からなる 有隣館 では 震災の 被害の実態 を写真で知ることが出来ました。 今も多くの歴史的建造物が修復作業中です。 同じ県内とは思えぬ被害の大きさでした。 そして昼食は名物の ひもかわ を。 ここのお店のは幅6cmくらいでしょうか。 最初は食べ方に戸惑いましたが、美味しかったです ♪ それから 入園料無料 なのに超充実 の内容の 桐生が岡動物園 で キリンやライオンに出会って・・・ 和洋折衷好きとしてはもうひとつ、 相生の 桐生明治館 へ。 館内には古い 写真機 の数々が展示されていたりして、 古いもの好きの方におススメです☆ * 見所が多くて書ききれませんが、 毎月第一土曜日 には 古民具骨董市、買場紗綾市、楽市蓙座、 桐生からくり人形芝居、桐生八木節、着物着付け体験 着物でそぞろ歩き、、、 とイベント盛り沢山! ああ楽しそう。 詳しい観光情報は「 桐生WALKER 」へ~

野の花工房「富岡手織り倶楽部」

11月25日にオープンしました。 野の花工房「富岡手織り倶楽部」 富岡の 裂織り教室 に通う生徒さんと講師の先生による 手織りの作品が並んでいます。 手織りのマフラー、バッグ、帽子などを中心に、 草木染め のハンカチや シルク化粧水キット 等の販売も。 この時期欲しくなるマフラーは色柄豊富でしたよ♪ 平成17年の閉店以来シャッターが下りたままだった お米屋さん を店舗として利用しています。 こうして少しずつシャッターが開いていくと、 街にとっても良いですよね。 ※お店の開店期間は 毎月25日~末日迄 (ただし12月は20日~25日) 住所:富岡市富岡1473-5(旧 韮塚商店) 地図 営業時間:10:00~16:00

紅葉の妙義神社

観光バスが少なくなってきたころ 妙義神社は見頃を迎えます。 11月24日。まだいけますね。 富岡市のホームペ―ジ あ、 道の駅みょうぎ に今年 観光案内所 が新設されました。 小腹が空いたので道の駅製「妙義ドーナツ棒」。

妙義ふるさと美術館

道の駅みょうぎ から少し上ったところにあります。 富岡市立妙義ふるさと美術館 あの「妙義山と菜の花畑」「妙義山とコスモス畑」という 絶景 が楽しめる パノラマパーク はこの美術館の目の前。 妙義山を眺めながら露天風呂に入れる もみじの湯 も目の前。 この美術館の常設展示には「 妙義山を描く絵画展 」の 歴代大賞作品 が29作品(2011年時点)並び、 本物の山に負けず劣らず迫力がありました。 三階は「 展望写生室 」。迫る妙義山から遠くの街並まで 360℃の景色が楽しめますよ。 2011/12/4(日)までの企画展 『井田淳一と教え子たち展』

紅葉山公園

甘楽町の 紅葉山公園 が 見頃 を迎えています! 11月20日現在、もみじの木は緑色~落葉までさまざま。 グラデーションが綺麗でした。 もう少し後になれば地面が真っ赤になって 幻想的な風景になりますよ♪ ハイキングマップ があるので、ぜひお天気の良い日に 歩いてみて下さい。 地図のダウンロードはコチラ↓から 甘楽町のホームページ「 もみじ祭り 」

富岡市産業祭

お天気で良かったですね。 想像以上にたくさんのテントが出ていて、 多くのお客さんで賑わっていました。 気がついたらお腹いっぱい。 今日も甘楽富岡の恵みに感謝です。