飯島屋


いつも店の前を通る時
ショーケースのだんごが気になっていた

中華そばとだんごの店、飯島屋


これまでに入った富岡のレトロ食堂と同じく、
時が止まっているかのような店内。

きっと30年前から何も変わっていないんだろうなぁ。

いつまでこの場所がこのままでいられるのだろう。


腰の曲がったおかあさんが運んできてくれたおだんご。
平たくてちょっと変わった形でしょ。

うん、美味し♪1本60円ですよー。



そして中華そば。やっぱりここも500円。

ザ・醤油味のラーメンは、私の記憶にはない味。
なのに懐かしい味。

油が抜けきったチャーシューは、
不思議とマグロのようなお味になっていました。


お店の老夫婦のさらに上をいく老婦人が
おだんごを買いに来た風景がとても印象的で。

今日もステキな富岡に出会て嬉しいです。

あ、ショーケースになくてもすぐに焼いてくれるんですね。


ちなみに飯島屋の道を挟んだところに急行食堂
その向かいに新洋亭があります。密集地。


コメント