スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

動楽市チャリティバザー

おつかれさまでした。ありがとうございました。 動楽市ブログの方でも回想を載せていきますので、
こちらではその様子のほんの一部をダダーッとご紹介~


お昼ごろまではたくさんのお客さんで賑わっていました♪
昼からの大雨も思い出に...
次回は初秋に開催するそうです!お楽しみに~☆
動楽市のブログ
おかって市場のブログ



げんきフェスタ

今年もみんな、元気いっぱい!


真夏日だって、そんなの子どもにゃ関係ない!
げんきフェスタ』については、 昨年の記事をご覧下さいませ~。

簡単ですいません。 明日の準備があったもので・・・

みなさん、明日の『動楽市チャリティーバザー』も よろしくお願いします!!


妙義山 大の字・奥の院

今回の妙義山登山は、妙義山のシンボル「大の字」へ!
この日、妙義神社を出発したのが10時半。 短いコースを歩きます。

↑顔みたい。
天気が良く、暑くも寒くもなく、 美しい新緑に囲まれて気分はもう最高。
県外からドライブに来ている方もたくさんいましたね。

ゆっくり歩いて40分ほどで、大の字の下まで着きました。
最後にこんな鎖場を登りますが、 足場の凹みがつけてあるので登りやすかったです。
上から「大丈夫かー?」というおじさんの声が聞こえます。 おいしょっ、よっこいしょ、っと  おお~!

眺め最高じゃないですか~!
パノラマ写真↓クリックして拡大
こんなに素晴らしい景色が見られたんですね。 来て良かったなぁ。

大の字の後にそびえる白雲山が美しいこと。 (ちなみにこの写真を撮る時、背後は絶壁です)
妙義山の上の方を登ることができるのは 鎖場に慣れた上級者のみですから、私はここまで。
と思ったんですが、ここで出会った方に 「奥の院までは行った方がいい」と言われたので、いざ奥の院へ。

登り続けると石段が現れ、それをさらに登ると 暗い場所から冷たい風が・・・。これが奥の院です。
なんでこんなところにこんなものが...と思ってしまいますが、 日本にはこういった「奥の院」がたくさんありますよね。
ハシゴで中まで入ることができましたよ。

その先も続く登山道というか「岩」を見て、満足して引き返します。
腕力と握力がすっかり落ちた私にとって、 鎖場はちょっと大変でしたねぇ。プルプルしちゃって。

辻の分岐からは、第一見晴方面へ進みます。
この道がまた、楽しいのなんのって。 なぜなら辺り一面に満開の山ツツジ!一番いい時に来たようです。
中間道に入ったらそのまま下り、 3時間ほどで神社まで戻って来れました。
楽しい楽しい新緑の妙義山♪
滑落事故の多い山ですから、十分気をつけて下さいね。

↓妙義山登山マップは↓
富岡市のホームページへ


洋食屋 田能久

外食をするのは主に日曜日なので 日曜定休のお店にはなかなか行けません。
で、ようやく行けた洋食屋 田能久さん。
わかりにくい場所にあるのかな?と思ったら お洒落なログハウスですぐに見つけられました。

ランチのミニコースは前菜、デザート、コーヒーが +250円で付けられる!ということで迷わずコースに。
新ゴボウと豚肉のサラダ。 この時点で、素材を大切にしているお店だとわかります。

私はハンバーグ。相方はハヤシライスを。
洋食屋さんなので、お箸があります。みそ汁が出ます。 肩肘張らずに本格的な味を楽しめるって嬉しいですよね。

デザートは三種類から。 手前はカスクルート、奥が苺シャーベット。こんなに!?
味も量もお値段も大満足でした♪
そして頭の中はもう、次に頼むメニューは何にするか・・・ うーん迷う・・・

小さくても古墳

「しのぶ毛の国 二子塚」 (上毛かるた)
群馬県にはたくさんの古墳があるんですね。
私の家の近所でも、歩けば小さな古墳に当たります。 わりと住宅街ですが。
初めはただの「土がこんもりした場所」だと思っていたのが

看板を見つけてからというもの、

やけに目につくようになり

あまりの多さにびっくり。

今では看板の有無にかかわらず、

「あれは古墳だな」と

道を走りながらでも判断するようになりました。
コチラ↓は、富岡バイパスの工事の際に復元移築されたもの。

この他に何基も消滅したらしいです。

市内で大きなものだと北山茶臼山古墳。 4世紀末か5世紀初めに造られたものだそうな。
近くの丘陵の上には中高瀬観音山遺跡という 弥生時代後期の大規模な集落跡もありますし
歴史ある土地なんですねぇ。

草津白根山の湯釜の色

ある秋の日。 


そして昨日は


何色かってそんなの、
実際に行って見るしかない!


湯釜も美しいですが、 私はここへ来るまでの道のりが大好きです。 天空を走っているみたいで。
ハイキングコースもたっくさん☆ 草津温泉観光協会ホームページ

富岡市と甘楽町のマンホール

日本各地を旅していて気になるのが、 市町村ごとに異なるマンホールの絵柄。
最近では名所や名産品を描いた 芸術性の高いデザインがたくさんあって、楽しいですよ♪

例えば、富岡市で最も新しいマンホールは・・・

上から「製糸場」「桜」「赤れんが」で、
顔が描いてあるのがたぶん「繭」ですね。

そして甘楽町で最も新しいマンホールは・・・

城下町小幡の「雄川堰」と「桜」。美しい!
(ちなみに描かれた通りに実際にあるのは、 別の絵柄のマンホールです。)

ぜひとも色付きを見てみたいものですねぇ。