妙義山 大の字・奥の院

今回の妙義山登山は、妙義山のシンボル「大の字」へ!

この日、妙義神社を出発したのが10時半。
短いコースを歩きます。


↑顔みたい。

天気が良く、暑くも寒くもなく、
美しい新緑に囲まれて気分はもう最高。

県外からドライブに来ている方もたくさんいましたね。


ゆっくり歩いて40分ほどで、大の字の下まで着きました。

最後にこんな鎖場を登りますが、
足場の凹みがつけてあるので登りやすかったです。

上から「大丈夫かー?」というおじさんの声が聞こえます。
おいしょっ、よっこいしょ、っと  おお~!


眺め最高じゃないですか~!

パノラマ写真↓クリックして拡大

こんなに素晴らしい景色が見られたんですね。
来て良かったなぁ。


大の字の後にそびえる白雲山が美しいこと。
(ちなみにこの写真を撮る時、背後は絶壁です)

妙義山の上の方を登ることができるのは
鎖場に慣れた上級者のみですから、私はここまで。

と思ったんですが、ここで出会った方に
奥の院までは行った方がいい」と言われたので、いざ奥の院へ。


登り続けると石段が現れ、それをさらに登ると
暗い場所から冷たい風が・・・。これが奥の院です。

なんでこんなところにこんなものが...と思ってしまいますが、
日本にはこういった「奥の院」がたくさんありますよね。

ハシゴで中まで入ることができましたよ。


その先も続く登山道というか「岩」を見て、満足して引き返します。

腕力と握力がすっかり落ちた私にとって、
鎖場はちょっと大変でしたねぇ。プルプルしちゃって。


の分岐からは、第一見晴方面へ進みます。

この道がまた、楽しいのなんのって。
なぜなら辺り一面に満開の山ツツジ!一番いい時に来たようです。

中間道に入ったらそのまま下り、
3時間ほどで神社まで戻って来れました。

楽しい楽しい新緑の妙義山♪

滑落事故の多い山ですから、十分気をつけて下さいね。


↓妙義山登山マップは↓




コメント