スキップしてメイン コンテンツに移動

上野村 北沢渓谷編

暑いですね。そろそろ涼しくて静かなところ
行きたくなってきますね。

昨年のこの時期は、南牧村で「滝めぐり」をしてきました。

今回は上野村の数ある山歩きコースの中から
北沢渓谷とシオジ原生林ルートを選んでみましたよ。


入口がちょっと解りづらかったですが、
観察路に入るとまず川を渡ります。

するとすぐに冷たい風が!
視界は全て緑!
聴こえるのは水の流れる音のみ!


ずっと沢に沿っての平坦な山歩きが続きます。

この日はかなり日差しが強かったんですが、
ここは別世界。
常に冷たい風が通り、日なたに出る事はほとんどありません。

※逆に空が晴れていないと非常に暗くて怖いです。


爪痕!

きっと秋にはたくさんの木の実が落ちて、
大きな動物さんたちもやってくるんでしょうねぇ・・・


シオジ原生林まではゆっくり歩いて往復6時間だそうで、
私たちはその手前までで引き返しました。

後半は滑りやすい道が続きますし、
北沢渓谷だけ、片道1時間も歩けば十分楽しめる
コースだと思いますよ。


一時頃から雷が鳴り出したので急いで脱出~。
雨は大丈夫でしたが近くに落ちてドキッとしました。

※夏の上野村は激しい夕立に要注意。三時頃から特に。

車を置いたしおじの湯で汗を流し、
川沿いの開放的な席でご飯を食べてお昼寝。最高!

群馬の誇りはやっぱり清流と緑だなぁと
心から思ったのでした。



コメント

このブログの人気の投稿

富岡市のパン屋さん

富岡市の個人経営のパン屋さんを 『知りたい!富岡市内のパン屋さん』 にまとめました〜🍞
2019年の情報ですので、 営業時間の確認などに使ってください🍞



店主さんとお話ししてみると、考え方は少しずつ違っても 皆さん真っ直ぐにお仕事をされているということがわかりました。 これからは今までより気持ちよくお買い物ができます♪

他にも何か見たい特集があれば教えてくださ〜い。


子育てアンケート

初めて「前橋こども公園」という公園へ行ってきました。
知らなかった・・・ 「るなぱあく」からほど近くにこんな場所があったなんて・・・
すごいです。一日いられます。
でも家から遠いなー。
前橋に住みたくなっちゃうなー。

なんてね。

でも他にもいろんな理由で 「子育てするなら他の市町村がいい」と 思ったことのある人はいるかもしれませんね。

そんなあなたの手元にもし 「子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査票」が 届いたならば、ぜひ記入して投函を!

届かなかったけど意見がある人は
ホームページのお問い合わせフォームに!


家で愚痴ってても何も変わらないからぜひ! 次の人たちのためにぜひ!


1月ふりかえり

あけましておめでとうございます。
今年はねずみ年ですね。
富岡市立美術博物館の200円ワークショップ、 子どもたちが美術博物館に来るきっかけになっていて とてもよいと思います。(大人も熱中できます)

こんなに立派な美術館、 授業でたくさん使ったらいいのになぁ。

海外の美術館を訪れた時、 床に座って学芸員さんお話を聞く小学生の団体や 模写をする学生さんたちの姿が必ずあって 「こんな授業何度もあったら良かったのに!」と思いました。




1月の美術博物館。
副田高行さんの新聞広告の展示(終了)と、 T氏のコレクション展(2/24まで)へ。

副田高行さんと一倉宏さんのトークショーに行ったんですが、 昨年の小松美羽さんのライブペインティングしかり、 地方都市でこういった体験ができることに喜びを感じました。

上の写真はT氏コレクションより、冨田伊織さんの透明標本。
他にもすごく好きな作品があって、 また見たいので今月も行きます!




年末に行われた「昼食付き無料学習会」の反省会@co-jiro
こども支援団体 みんなのおうえん団の輪が 広がっていることを実感しました。

行政任せにするよりも、 自分たちで小さな一歩を踏み出して地道に活動する方が 遥かに早く物事が変わっていくんですね。
もちろんフツーの主婦には難しいことがたくさんあるのですが、 この団体の代表さんは、自分には難しいと思ったら即座に助けを求めて、 いい人材をどんどん掴んでいく才能があるんです。

来年度は、本来の目的である 「日常的な居場所づくり」に近づいた活動が始まるとのこと。 注目です。




冬。
蒸したてのお饅頭が美味しい。
中身はお肉だったりかぼちゃだったり。
手作りが最高に美味しいのでハマってます。





寒くても天気がいいのが関東の冬。 しかも風がそれほど強くないのが富岡の冬。
晴れた日は外で体を動かすのが吉。 息子に道を教えてもらって、 近所の古墳まで歩きました。

群馬って古墳多いですよね。
群馬県立歴史博物館の埴輪の充実ぶりはさすがです。