スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

大塚温泉

中之条ビエンナーレを観る前にまず温泉へ~。
大塚温泉・金井旅館
二時間300円。朝9時から夜9時(混浴は10時)まで。

日帰り入浴の受付は、ピッカピカの新館の裏にある旧館へ。 建物の雰囲気にぴったりなお婆さんが迎えてくれました。

新館側が男女別内湯と混浴露天。 小屋の方が混浴の内湯(女性はバスタオルOK!)。
源泉34.2℃のぬる湯なので冬は寒く感じるかもしれませんが、 心地よくて何時間でも浸かっていられます。
お肌がみるみるうちにすべすべになって、 効果が長持ちしましたよ♪

中之条ビエンナーレ

中之条ビエンナーレ2011」に行ってきました。
昨年できたばかりのtsumujiが総合受付です。

私は2007以来です。
今回で3回目の開催にして、 こんなにも規模が拡大したということ。 その間に町が目に見えて変化しているということ。
多くの努力を要していると思いますが、 大きな成果を上げているなぁと感心します。

人がいなくなった廃墟が息を吹き返した姿。 高齢化が進む街に若者たちが集う様子。 昔ながらの物や風景の価値と美しさに気付き 心打たれる人たちの姿。
それらを見るのが、こういったイベントでの 私の楽しみであり学びどころです。

最後に、写真は全く関係ないですが 稲刈り真っ盛りの中之条の 田園風景は本当に素晴らしかったです。
中之条に限らず、日本の里山を残すためには 多くの人に知ってもらうことが大切だと感じます。

藤田峠森林公園

藤田峠森林公園には テントサイト、バンガロー、バーベキュー場と 3つの展望台があります。






富岡市が一望できますよ。

下仁田ねぎの生ドレッシング

美味しいドレッシングと出逢いました。
妙旬 下仁田ねぎの生ドレッシング

妙義町(富岡市)の農家の女性グループ「妙旬・つくしの会」が 考案し、製造しているこのドレッシング。
下仁田ねぎならではの甘味とまろやかさが特徴で、 添加物不使用のため市販のドレッシングにあるような 舌への刺激がない、優しい味です。
口コミで遠方から買に来るお客さんが増えているんですって。
販売は、下仁田ねぎが収穫できる秋から春先にかけて。 食彩館(地図)や、道の駅みょうぎで購入できます。
けっこう何にでも合いますよ♪

こんにゃく博物館

甘楽町で時間を潰す必要があったので オープンから気になっていた場所へ行ってみました。
こんにゃく博物館

ぴっかぴかの新しい工場。 こちらの魅力は何といっても入場料無料。

こんにゃくとは何ぞや?をパネルで学び、 製造ラインを上から見学。
しらたきシャワーは必見です!

こんにゃく手作り体験もできますよ(要予約) 感触が面白いから子どもも楽しいはず。

そしてそして、無料のこんにゃくバイキング! 家庭でのお料理の参考になります。 ここで簡単な食事も食べられますよ。
お土産コーナーにはこんにゃくだけでなく お菓子やぬいぐるみ等もありました。
気軽に行ける工場見学、なかなか楽しかったです☆

富岡製糸場連続イベント

9月16日~19日の4日間、富岡製糸場では 世界遺産登録を推進するためのイベントが多数行われました。

富岡製糸場では初開催!『NECフィールディング 世界遺産劇場
製糸場の西繭倉庫前に特設ステージが建てられ、 17日は東京スカパラダイスオーケストラ 19日は坂本真綾さんの野外ライブが行われました。
遠方からもたくさんのファンが詰めかけ、観客は両日で約5500人。 いつもの富岡からは考えられないほど熱気ムンムンの夜♪
照明も素晴らしく、赤レンガの繭倉庫がまるで セットかのようにマッチしていました。ぜひまた観たい!
スカパラのライブの様子→上毛新聞社の記事


**************

同時に開催されたのが、『技と美 日本の絹展
群馬県内外の絹織物・伝統工芸品の展示と、 機織の実演や着物ファッションショーなどがありました。
普段からこういう展示してればいいのにー。と。
**************

19日には『世界遺産大学 富岡製糸場特別講演 ~ファッションと技術の夢~』として 第一部はファッションデザイナーの森英恵さん、 第二部ははやぶさプロジェクトマネージャの川口淳一郎氏 による講演会も。
いいお話が聴けました。暑い中ありがとうございました。 講演会の様子→上毛新聞の記事
**************

絹製品の販売や、繭クラフト体験ができるコーナーも設置。
まずは「絹といえば群馬」と全国の人に言ってもらうための 第一歩ですね。
****************
また、製糸場の近くの空き地では西上州まるかじりフェアと題し 西上州9市町村による観光PRブースが登場。

名産品の試食・試飲や体験を通して西上州をアピール。
18日には熱気球体験も行われましたよ。

空から見る富岡のまちはいかがでしたか?晴れて良かった!

***************
今回の大きなイベントで得た収穫を取りこぼさずに まちづくりに繋げていかなければいけませんね。
富岡製糸場や富岡のまちに対するご意見・ご感想を どしどしお寄せ下さい☆

きよしや

下仁田のごはん屋さん第二弾。
きよしや
昔ながらの食堂といった趣。人気のお店で、 持ち帰りの注文も入ってとても忙しそうでした。

超お得な「ラーメン定食」も気になりますが、 まずは「かつ丼」¥750 を。
こちらは下仁田名物、醤油だれのかつ丼が味わえます♪
濃すぎず薄すぎずのちょうどいいお味。 厚みがあるのに柔らかく、パクパクッと進みましたよ。

そして相方は「特製きよしやラーメン」¥700 を。
玉子にチャーシューになるとに・・・いろいろ入った 和風の正油ラーメンといった感じですかね。
と思ったら、大変なことに気付きました。

トンカツ入ってたー!!なんとたっぷり一枚分!これはお得。 これが意外にスープと良く合って美味しい♪
独自の進化を遂げた下仁田の食堂、レベル高し。 次はどこへ行こうかな~

下仁田温泉 清流荘

奥栗山渓谷を歩いた時に入りそびれた
下仁田温泉 清流荘

山に囲まれ、静かで涼し気。
日帰りの受付は11:00から14:30までで、露天風呂のみです。 15:00までしか入れませんのでご注意を。
旅館なのでちょっとお高いですが、800円を払ったら 緑に囲まれた三波石の岩風呂へ~

源泉は温度が低く、メインの浴槽は加温循環とかけ流しの併用。 その一角には二人で一杯になる小さな浴槽があり、 源泉そのままの褐色の湯が張られています。
二つの浴槽に交互に入ると、いつまでもいつまでも 浸かっていられますよ~。
こういうお風呂好きです。お肌すべすべ♪

広い敷地にたくさんの花が咲き、池の鯉はかなり元気。
宿のお食事は 自家飼育の猪や鹿、雉、山女などが楽しめるそうですよ。


VIBRATION TABLE 2011

「緑豊かな下仁田町の高台から平和の音楽を発振しようぜ」な
野外フェス VIBRATION TABLE
今年で二回目の開催で、ほたる山公園で行うのは初めてだそう。

30代前後の若者中心のスタッフは皆ボランティア。 町内外から頑張って寄付を集めて入場無料。
同年代のこういうヒトたちが下仁田に集っている光景は、 私にとっては希望の光です。感激。

ほたる山公園は見晴らしが良くていいですねー。 大きな遊具もあって、子どもたちも楽しそうでした。
木陰が気持ちいいなぁ。

ゴミ拾い、ダンス、ワークショップ、こんにゃく、キャンプ・・・
そうそう、出店の中に「串カツどん」を発見! (串カツをのせた丼ではなくて、カツ丼を串揚げにしたもの) 理解できない方は一度お試しを。

富貴上りんご園

あら美味しそうなリンゴジュース。

こだわりのりんごを使用しているようですね。 え、「甘楽町小幡」ってすぐそこじゃないですか。
富貴上りんご園


こちらの農園さんは、安全性と美味しさを追求した りんご栽培に取り組んでいらっしゃいます。
気付けばすでにりんごの季節。 「つがる」をいただいてみると・・・味が濃くて美味しい♪
見栄えは他のりんごのように良くはありませんが、 こちらの説明を読めば納得。
こんな農家さんがいてくれるって、ありがたいことです。


コスモス街道

群馬県ではなくて長野県なのですが、 下仁田のお隣なので紹介。
群馬県下仁田町から長野県佐久市へと繋がる 国道254号線の佐久市内山地区の一部、

9kmに渡って道の両側にコスモスの花が咲く 「コスモス街道」が見頃です♪
広場もあるので、ちょっと車を降りてみましょう。

佐久高原コスモスまつり開催中。
休憩所ではお茶とお茶請けをいただきました。

コスモスの花を咲かせるために、 地元の老人クラブの方々がボランティアで 春先から地道に手入れを行っているそうです。
休憩所の募金箱に、感謝の意を込めてチャリチャリン♪



富岡な絵はがきセット

旅先で買う絵はがきっていいですよね。 自分用でも、もちろん誰かに送っても。

左上「とみおかの詩 ふるさとスケッチ」絵:上野瑞香 7枚組 市内の名所と製糸場周辺の風景。やさしいタッチにほのぼの。
右上「とみおかの詩 ふるさとのきりえ」切り絵:上野保子 7枚組 高台から見た町並みと富岡を見下ろす山の姿が郷愁を誘う。
下「水彩スケッチで描く 富岡製糸場風景」絵:鈴木建夫 6枚組 いつもそこに佇む富岡製糸場の、四季折々の様々な表情。

上記の3種は、富岡製糸場内の売店にて販売しています。
(現在、富岡市立美術博物館で上野瑞香さんの日本画展が開催中。 上野瑞香さん・上野保子さんのギャラリーは→『アトリエU.E』)

もうひとつ、私のお気に入りがこちら。

「木版画 富岡製糸場」木版画:飯塚洋子 4枚組が2種類 切り取り方と質感が、好き。
こちらはいいづか時計店さん、おやき いとさん、 漬物処 浜野屋さん、そば処 だんだんさん他で購入できます。

地元びいきかもしれませんが、どれも素敵です。 これらは全て市内在住の作家さんによるもの。 富岡市立美術博物館のショップにも置いてありますよん。


アルベロのジェラート

梨の季節がやってまいりました。 群馬の梨は美味しいですよねー。
中でも有名なのが榛名山麓の里見梨。 その梨農園の中にある話題のジェラート屋さん Albero.へ。

どれもこれも美味!
中でも自家農園の果実で作ったソルベは 果物を食べているような満足感が得られます。 さすが果樹園農家さんが手がけるお店です。

(富岡でジェラート食べるならじぇら21さんへ~)

うどん処 みわや

住宅街の中にある手打ち讃岐うどんのお店 うどん処 みわや
「...茹で時間は12分です。 ...茹でたて締めたての麺のつや、コシ、喉越しを お楽しみ頂くためご了承下さい」
との但し書きに期待を膨らませながら待っていると・・・

美しすぎる讃岐うどんの登場!きらきら光ってます!
そして期待を裏切らないコシと喉越し♪つるん♪
今回私が頼んだのは「ごま汁うどん(季節限定)」なのですが、

きめ細かな泡立ち!?こんなゴマだれ初めてです。
とっても麺に合って美味しゅうございました~。

次回は「カレーうどん」をいただきたいと思います☆

信州屋の和風絹しゅうまい

富岡製糸場のすぐ前にあるので いらした際に気になった方も多いと思います。
『和風絹しゅうまい』信州屋さん。

元々は旅館として営業していた信州屋さん。 食事に出していたシュウマイが評判だったそう。
お家に持って帰ったら、レンジでチンor蒸し器で蒸しましょ。

おおぶりなしゅうまいを口に入れると・・・「ふわっ」!! の名の由来はその滑らかさから。 上品かつ食べごたえのある美味しいシュウマイです。
もちろん原材料の豚肉は、群馬県産でございます。