アプトの道 前編


JR信越本線の終点、横川駅
かつてはここから軽井沢まで鉄道が通っていました。

碓氷峠を越えるその路線ではアプト式と呼ばれる
鉄道方式が採用されていたらしく...

現在は「アプトの道」という名の遊歩道として
親しまれているのです。では歩いてみます。


碓氷峠鉄道文化むらを横目にスタート。かっこいい!

近くに碓氷関所跡もあるので、
くぐってみるのもいいでしょう。


右側が遊歩道。左は鉄道文化むらのトロッコ線として
今も使われています。
歩きたくない人はその手がありますね。


20分ほど歩くと、旧丸山変電所に着きました素敵

普段は外観しか観られませんが、
11月3日から一週間、内部が特別公開されます!


さらに1kmほど歩くと、もうゴールの眼鏡橋?
ではありません。温泉施設の峠の湯です。
ここは帰りに寄りましょうか。

ちなみにトロッコ線はここで終わりです。


さらに進むと、トンネルが登場!
雰囲気出てきましたね~♪

後編へつづく


コメント