スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

桐生でまち歩き

織物産業で有名な桐生のまち歩き。 紅葉がちょうど良くとても綺麗でしたよ~♪

まずは桐生天満宮で 本殿の彫刻の素晴らしさにびっくり。
近くの群馬大学工学部同窓記念会館の 大正5年建設のお洒落な建物をぐるっとまわって、
古くて立派な家が多く残る街並を ぶらぶら歩きながら、 桐生と言えばのノコギリ屋根群の数々を見学。

イギリス伝来のノコギリ型の屋根をした工場。 桐生では織物工場に採用され、 明治から昭和30年代にかけて建てられたものが 今でも200以上残っています。
織物工場が減った現在は、アーティストの アトリエやお菓子屋さん等として再生。

ベーカリーカフェレンガの店内に飾られた 昔の写真が素晴らしかったです。

また、11棟の蔵群からなる有隣館では 震災の被害の実態を写真で知ることが出来ました。

今も多くの歴史的建造物が修復作業中です。 同じ県内とは思えぬ被害の大きさでした。

そして昼食は名物のひもかわを。

ここのお店のは幅6cmくらいでしょうか。 最初は食べ方に戸惑いましたが、美味しかったです♪

それから入園料無料なのに超充実の内容の 桐生が岡動物園で キリンやライオンに出会って・・・
和洋折衷好きとしてはもうひとつ、 相生の桐生明治館へ。

館内には古い写真機の数々が展示されていたりして、 古いもの好きの方におススメです☆

見所が多くて書ききれませんが、毎月第一土曜日には 古民具骨董市、買場紗綾市、楽市蓙座、 桐生からくり人形芝居、桐生八木節、着物着付け体験 着物でそぞろ歩き、、、とイベント盛り沢山! ああ楽しそう。
詳しい観光情報は「桐生WALKER」へ~

野の花工房「富岡手織り倶楽部」

11月25日にオープンしました。 野の花工房「富岡手織り倶楽部」
富岡の裂織り教室に通う生徒さんと講師の先生による 手織りの作品が並んでいます。

手織りのマフラー、バッグ、帽子などを中心に、 草木染めのハンカチやシルク化粧水キット等の販売も。

この時期欲しくなるマフラーは色柄豊富でしたよ♪

平成17年の閉店以来シャッターが下りたままだった お米屋さんを店舗として利用しています。
こうして少しずつシャッターが開いていくと、 街にとっても良いですよね。
※お店の開店期間は 毎月25日~末日迄 (ただし12月は20日~25日)
住所:富岡市富岡1473-5(旧 韮塚商店) 地図 営業時間:10:00~16:00

紅葉の妙義神社

観光バスが少なくなってきたころ 妙義神社は見頃を迎えます。




11月24日。まだいけますね。
富岡市のホームペ―ジ

あ、道の駅みょうぎに今年観光案内所が新設されました。

小腹が空いたので道の駅製「妙義ドーナツ棒」。

妙義ふるさと美術館

道の駅みょうぎから少し上ったところにあります。
富岡市立妙義ふるさと美術館

あの「妙義山と菜の花畑」「妙義山とコスモス畑」という 絶景が楽しめるパノラマパークはこの美術館の目の前。
妙義山を眺めながら露天風呂に入れるもみじの湯も目の前。
この美術館の常設展示には「妙義山を描く絵画展」の 歴代大賞作品が29作品(2011年時点)並び、 本物の山に負けず劣らず迫力がありました。

三階は「展望写生室」。迫る妙義山から遠くの街並まで 360℃の景色が楽しめますよ。

2011/12/4(日)までの企画展 『井田淳一と教え子たち展』

紅葉山公園

甘楽町の紅葉山公園が見頃を迎えています!


11月20日現在、もみじの木は緑色~落葉までさまざま。 グラデーションが綺麗でした。
もう少し後になれば地面が真っ赤になって 幻想的な風景になりますよ♪

ハイキングマップがあるので、ぜひお天気の良い日に 歩いてみて下さい。
地図のダウンロードはコチラ↓から 甘楽町のホームページ「もみじ祭り」


富岡市産業祭

お天気で良かったですね。

想像以上にたくさんのテントが出ていて、 多くのお客さんで賑わっていました。
気がついたらお腹いっぱい。 今日も甘楽富岡の恵みに感謝です。

鬼子母神とお十夜

富岡人が冬物コートを引っ張り出す日。 (今年は暖かかったですけどね)

11月12日の本城寺の「鬼子母神」と

11月14日の龍光寺の「お十夜」
詳しい内容は昨年の記事があるので省きますが →「本城寺の鬼子母神」 →「龍光寺のお十夜

二年参加してわかったことは、 本物のほるもん揚げはやっぱり違うってこと。



詳しくは富岡市のホームページへ! ↓
鬼子母神/本城寺(11月12日)
お十夜/龍光寺(11月14日)





南牧村の紅葉

寒くなる前に南牧村へ行ってきました。
まずは黒滝山から紅葉見物~♪

黒滝山不動寺のもみじはまだ色づき始め。 ここで鐘をゴーンと撞いてから、登山道へ入ります。

”馬の背渡り”を歩いて見晴台へ。 こいつはスリリング!
滑り落ちないようにしっかり歩みを進めていけば・・・


見晴台の岩の上から360℃の絶景が望めます☆ (私は下りれなくなりそうで登れませんでした)
そして九十九谷へ下りると・・・

写真じゃ伝わらない素晴らしい景色が。
この先も観音岩などありますが、 私たちはお昼にピザを食べるためここでUターン。

ついでにこちらは蝉の渓谷。 この時期は午前中の限られた時間しか日が当たりません。
山間部は日照時間が短いので、 早めの撤収を心がけて散策して下さいね~。
南牧村のホームページ

妙義山紅葉情報

富岡市ホームページの観光情報に 妙義山紅葉情報があります。
こちらをチェックして、 紅葉の名所・妙義山をお楽しみ下さい☆

登山は十分気をつけてくださいね!
過去の記事→ 石門巡り大の字・奥の院





オアシスなんもく

道の駅「オアシスなんもく」 大きくはないけれど他にはない物があって 私は好きな道の駅です。

左:「森林のお炭つき」 砂糖をまぶした細い炭に見えますが、炭入りのハッカ飴。
南牧村と言えばもう「炭」ですね。 炭ラーメン 炭うどん 炭まんじゅうもお馴染みです。
右:「南牧だいず珈琲」 大豆とコーヒー豆のブレンド。店内で飲めます。

左:「腹黒代官」 炭入りコンニャク。腹黒なのに「お腹すっきり」。
隣にあった「黄金こんにゃく」も美味しそうだったなぁ。
右:「いぶし」 南牧に伝わる手作りおやつ。初めて見ました。 味噌、柚子、くるみ、青のり等が入った、 「ゆべし」の小麦粉版みたいな感じ。美味です。


左:「インゲン豆」 うずら豆の一種で南牧村の在来種。村おこしに注目されてます。
右:「イクサ」 なんじゃそりゃ。と思ったら「エゴマ」の別名でした。

左:「とらおのパン」 たまたま焼きたてがあったので購入。実は幻の人気商品! 石釜焼きで外カリッ中フワッのずっしりパン。
右:「かあちゃん豆腐」 群馬県産大豆100%。この道の駅を運営している かあちゃんたちの手作り。
他にも人気の田村方雄商店のお味噌や、手作りシソ巻き、 ドクダミ茶やマタタビや盆栽などなど・・・
突然ですがここでクイズです!

道の駅にあった案内版。 ここに間違いがあります。どこでしょう?

家を探せそうな観光名所ですね。


追記 新しい建物が隣に建って、 農産物、物産&食堂どちらも以前より充実してました。


なんしいちゃんも頑張ってます。


貫前神社 菊花展

貫前神社で『菊花展』が開催されています。

お馴染み三段仕立ての大菊。

こういうのは初めて見ました。

菊の盆栽も初めて見ました。いいですねこれ!
今月中旬まで展示されています。
あ、境内の大イチョウが黄色くなってましたよ~


碓氷湖の紅葉

碓氷湖の紅葉、今が見頃です!



湖を一周する散策路はたいした距離ではないので ぜひ歩いてみてください。

こちらはめがね橋の上から碓氷湖方面を見た景色。
これより軽井沢方面は落葉した木が目立ちました。 紅葉がどんどん下界に下りてきてますね~
10日前の記事もどうぞ→ アプトの道

第4回 動楽市

富岡のおかって市場さんが年二回開催している 「ここから動こう。楽しく動こう」なイベント。
動楽市
今回も前回に続いて、東日本大震災の復興支援が目標。 イベントの利益で購入した石油ストーブと集まった支援物資は 石巻支援センターに届けられました。
その様子は→おかって市場のブログ「笑顔の瞬間」

みなさんの少しずつの力が、大きな力に。




たくさんの笑顔が生まれ、 人やモノとの出逢いが生まれた楽しい一日でした。
ここから何かが始まって、 富岡とのつながりが広がっていってくれたら 本当に嬉しいことです。
また次回、みなさんとお会いできますように☆