撞球場にて@下仁田

第二回「下仁田へ行ってんべー祭」で
私が最も楽しみにしていたのが、
待ち望んでいた「ビリヤード場の初公開」!


遊技場 みつるビリヤード

そんな名前だったんですね。




初めて見た時は「撞球場」の意味がわからず、
中も見えなかったので街の人に訪ねました。

それでも雰囲気があって気になる存在だったんです。


中に入ると、二台のビリヤード台。大理石製だそうです。

ボールを入れる箱は鍵付きの革製でした。


営業していたのは30年くらい前のこと。

いわゆる「不良のたまり場」だったとも聞きましたが、
その頃の下仁田にタイムスリップしてみたいものです。


ビリヤードのことはよくわかりませんが。


貴重な物が見られて嬉しかったです。



コメント