スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

雪とFacebook

こんなに雪が降ることは滅多にないので記念に。

富岡市講堂


富岡製糸場 西繭倉庫


繰糸場 雪かきご苦労様です。

ところで最近、富岡市はFacebookで 日々の様子を発信しています。ぜひご覧下さい。 ↓↓↓ 富岡市観光協会のFacebook 富岡製糸場のFacebook 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館のFacebook


天満宮例大祭

富岡市のホームページに載っているイベントには とりあえず行ってみる。
南蛇井(なんじゃい)の天満宮例大祭

午後に行ったので静かでしたが、露店も並んでいましたよ。 (会場からAKB48の歌が流れていたのには ちょっとひるみましたが。有線?)
「筆供養」と「合格祈願」を行うというところが 天満宮らしいですね。


聖徳銘醸のお酒

甘楽町の蔵元、聖徳銘醸さんの 酒造見学に行ってきました!
富岡、吉井、下仁田、南牧の蔵元4社が 昭和34年に合併してできた会社で、 県内31の蔵元の中で最も醸造量が多いそうです。
着いたのは、眺めが良く空気の綺麗な場所。 見た目は酒蔵というか、何かの工場。 (ちなみに隣はマカロニ工場)
前日の午後に洗った米を蒸す機械を見て、 まずは麹づくりを見学。

左上:蒸した米を冷まして種麹を振りかけて、 右上:暖かい麹室の自動製麹機に送り、 右下:管理しながら二晩寝かせて出来上がり。 左下:(特別なお酒は手作業で)
その過程を舌でも確認させてもらったんですが、 出来上がった麹は栗の味がしました!美味!
そしてこの麹に水、蒸米、酵母を加えますと・・・

ぶくぶくぶくぶく!生きてる! 発酵して炭酸ガスが発生しています。 これが酒母(もと)です。
酒母に麹、蒸米、水を加えていきますよ。

大きなタンクに上からどぼどぼと。落ちたら大変です。 この中で熟成されるわけですね。
一回り小さい大吟醸のタンクを覗かせてもらうと、 なんともフルーティーな香り♪ さらに味見も・・・うんまーい!!
でもこれはまだ醪。売って欲しいけど無理。 圧搾して初めてお酒になります。 残ったものが酒粕です。

そして後はサラッと説明を受け、 試飲をさせていただきました。
聖徳さんでは「鳳凰聖徳」の他にも 「城下町小幡」や「妙義山」といった銘柄があり お土産にとても喜ばれています。
機会がありましたらぜひ☆
関連:甘楽町商工会の日記

ふれあいショップ 和

富岡製糸場に向かう途中、 お酒が好きな人なら必ず足を止めてしまうお店。

ふれあいショップ 和(なごみ)
普通の酒屋さんとも他のお土産屋さんとも違うのが、 群馬の地酒ばかりを これだけ↓取り揃えているというところ。

他県の人には馴染みのない群馬の地酒ですが、 実は美味しいお酒が色々あるんです。
ぜひご主人に味の好みを相談して、お土産にどうぞ♪

お菓子や漬物、桑茶などもご一緒に。 テーブル席とカウンターではコーヒーも飲めます。
ちょっと一杯やりながら、お店の方に富岡の話を 聞いてみるのも旅の楽しみ方のひとつですね。

また、絵手紙の年賀状展を2月29日まで開催中。
富岡でとても盛んな絵手紙。 こちらでも教室が開かれているそうですよ。

下仁田駅周辺

上信電鉄の終着駅、下仁田駅は 鉄道ファンでなくてもちょっとワクワクします。

だっていつでも車両がずらり。 この日は現役電気機関車のデキもいました♪
そして駅の東側に見えるあの建物がまた素敵。

下仁田倉庫(株)の赤レンガ倉庫。2棟あります。
普段は入れませんが、たまに見学会や イベントを行っているようです。

下仁田は映画撮影とか写真集の撮影にいいんじゃないかと。 私だったら撮ります。
まちなかのレトロな雰囲気もたまりません。

急速に人が減ったため、 今もいろいろと残っているんですよね。 過去記事参照→撞球場にて@下仁田
食事は美味しいし、立派なお屋敷は多いし、 山が見えるし川は近いしで 駅周辺をぶらぶらするのも楽しいですよ。
洗濯バサミの家を見つけた時は衝撃でしたが・・・

カリル

富岡にオープンして二年目のカレー専門店
カレーライス カリル(閉店しました)
辛さが選べてトッピングもいろいろ。 子供用メニューもあり子連れも大歓迎のお店です。


辛さは、普通、中辛、大辛、激辛からお好きなものを。 クリームコロッケやチャイも美味しいですよ。
(この写真の日はイベントだったので特別メニュー)
そう、月に一回程度イベントも行っているのです。

奥様が元保育士の経験を生かし、 「カリルちゃんの会」という子育て交流イベントを 昨年末から始めました。
子どもの五感を刺激しながら親子で楽しめる内容で、 不安や孤独を感じがちな子育てパパママに おすすめのイベントですよ。

鍋屋

下仁田の飲食店めぐりも6軒目☆
今回は冬季限定メニューのある 鍋屋(地図)へ。

まずは下仁田かつ丼。薄い小判のようなカツで、 タレの味がよく染みていました。 かつ丼もお店によっていろいろですね。
こんにゃくは、 スタンプラリー開催中のサービスだそうです。
※現在開催中の『下仁田かつ丼の会スタンプラリー』は 3月31日まで。今回はお食事券プレゼント♪

そして冬季限定メニューの「すきやき膳」がこちら。 下仁田ねぎがたっぷりです♪
すきやき定食(豚肉)も人気のようで、 どじょうやうなぎもメニューにありましたよ。

book cafe ebisu

言われなきゃ気付かない、白い蔵。
book cafe ebisu

元は「大黒屋」という味噌・正油屋さんの 味噌蔵として使われていた蔵を改装し、 昨年12月にオープンした小さなお店です。

使われている木材やお洒落なちゃぶ台などは 「もともとあったもの」だそう。素敵。

小さなお子さんと一緒に過ごせるよう、座席は小上がり。
棚に並んだ絵本は販売もしていて、 今後は委託販売も考えているそうな。
食事は数量限定のベーグルサンドセットのみ。 ドリンクには全粒粉のクッキーがつきます。 原材料にこだわった手作りの味は、カラダにもウレシ。
家事の合間に、ホッと一息つきたい時に・・・ 営業日と時間に注意して下さいね↓
book cafe ebisu

小さなパン屋さん

富岡市役所の南にある路地を入ると現れる ドリームという小さなパン屋さん。 教わらなければ見つけられませんでした。
学校の購買を彷彿とさせるパンたち。 ちょっとずつ違いはあるようですが何も書いてありません。
というわけで食べて確認。全て110円。


ああ、惣菜パンが懐かし美味し。 素朴なパン生地と しっかり味の付いた具のバランスがいいですね。
店内で1杯50円で売られていた豚汁とも このパンなら合うはずです。
私はクリームパンがお気に入り♪

ラ セール

どんなお店か全く想像がつかないまま入りました
レストラン ラ セール(地図
日替ランチが650円、ステーキランチが980円。 スープ・サラダ・ライス・コーヒー付きでこのお値段。
でありながらコース料理も パーティーメニューもやっているお店・・・?

意外と広い店内は、年月を重ね落ち着いた雰囲気。 セロハンテープで何度も補修したメニューには 料理がびっしりと載っていました。
お、エスカルゴだ。舌平目のムニエルだ。仔羊も?

本日の気分は牛タンシチューなり。とろける~♪
チラ見したランチのお肉も大きさしっかり。 安い。美味。そしてご夫婦の仕事が迅速!
ロシア料理も気になるなぁ(5名以上・要予約)。

貫前神社 節分祭

正確には「節分祭徐厄開運家内安全祈祷祭」といいます。

拾うつもりじゃなかったので袋も持たず、 豆まきの様子を見に貫前神社へ。
平日だからか、福男・福女は皆おじさま。 お菓子?やみかんやティッシュが飛んでいました。
鬼も逃げそうなみなさんの勢い。 福も来そうなみなさんの笑顔。
いつか参加したいです。