2012/12/26

ぐんま方言かるた


群馬と言えば『上毛かるた』(wiki

これを知らなきゃ群馬県民になれない?と
私も引越して早々に購入。
県外からのお客さんが集まった時に遊んでます。

ところで、こんなものが発売されていたので
ネタに買っちゃいました。


「群馬の方言を伝えていきたい」と、
大学生が企画・制作を行った『ぐんま方言かるた』です。


エフエム群馬のアナウンサー陣が声を担当したCD付で、
読み手がいなくて困ることはありません!
でも人によってちょっと微妙・・・


県内でも地方によって言葉が違うでしょうから、
方言のベテランに自分の言葉で読んで欲しいですね~。
おじいちゃんから孫まで集まった時にでも☆

取扱い店はこちら↓のページをご覧下さい


ちなみに私の相方はこのカルタで
「え!”せんひき”って方言?」と驚いておりました。

あと、この辺は「めかご」を「めっぱ」と言うそうです。


2012/12/23

富岡諏訪神社


富岡ど真ん中の交差点にある諏訪神社。

存在感が薄いのは、大きな木がないから?


でも近づいて見るととっても立派で、歴史を感じます。


口開けて見ちゃいます。

拝殿の彫刻も素晴らしいですが、私のお気に入りは
西側の建物の天辺で睨みを利かせているこの方。


ひゃー。恐っ。

マイフェイバリット鬼瓦ランキング、暫定1位。


2012/12/22

下仁田の諏訪神社


下仁田駅からレトロな中央通り商店街を歩いて
そのまま西へ進むと、諏訪神社に辿り着きます。

秋季例大祭は「下仁田秋まつり」として
それはそれは賑わいますが、普段はとっても静か。


でも観る価値あります! こんなに重厚な屋根で、


拝殿も本殿も彫刻がすごいんですから。


大ケヤキも立派なんです。


さらに境内には「こんにゃく大黒天」もありまして、
毎年1月にはそちらのお祭りも行われるそうですよ。


2012/12/21

珍味


下仁田の老舗の蒟蒻屋さん
まるへいHP)の蒟蒻加工品が好きです。

お店に行くと最近よく勧められるのがこちら~


「コンニャクの燻製」

ジャーキータイプの噛みごたえのある食感で、
濃いめの味付けがビールのつまみにぴったり☆

これが蒟蒻だとは、言われなきゃわからないよなぁ。



絵手紙ギャラリー


宮本町の白い蔵、銀座まちなか交流館に続き、
中心街に絵手紙ギャラリーがまたひとつ増えました。

ギャラリー友絵(地図




富岡は、絵手紙愛好家の方々のパワーがすごいなぁ。

絵手紙に限らず、発表の場が欲しい方は
たくさんいらっしゃるでしょうし、
空き店舗をそういった方々に貸してもらえると
まちの雰囲気が明るくなっていいですよねー。


ジィ・ハウス


富岡に来たときから目を付けていたお店

ジィ・ハウス


宮本町通りから見えるこの看板だけでも、
ただものじゃない感が溢れています。

でもほら、富岡中心街の夜のお店って
どこも入りにくいじゃないですか。


躊躇していたら、隣に新しく“昼の部”が出現。
これまた突っ込みどころ満載の外観です。

「営業中」の看板とバイト募集の張り紙を発見し、
営業していることを確信して入店。


扉の向こうに広がる世界に驚く私。
そして客が来たことに驚くご主人。

店内にはなんと300体のフィギュアが並んでいました。
しかしご主人、アニメの知識は全くなく、
ただUFOキャッチャーが好きなだけだそうです。

私もよくアニメ知らないけど、これは楽しい・・・

ついでに“夜の部”の店内も見せてもらいました。



やだー、アメリカンレトロでステキじゃないですかー。

10年程前からこつこつ自力で作ったという「趣味の店」。
商売っ気ゼロで人生を楽しみまくっているマスターの
朗らかな人柄もあり、居心地の良い空間です。

昼の部はコーヒーにカレー、パスタ、予約制のランチなど。
夜の部は「スナックみたいなショットバーみたいなお店」
とのことなので、また気軽に寄りたいと思います。

営業時間等は食べログの情報がオフィシャルです☆


2012/12/18

プレパレのお菓子


地域活動支援センター プレパレ のみなさんが作るお菓子、
お手頃価格なのでつい買ってしまいます。


おやき、炭酸まんじゅう、酒まんじゅう、
クッキー、ジャムなど素朴なおやつたち。

なかでも私が特に好きな
こだわり素材のシフォンケーキ」は
しっとりふわふわで美味♪

毎日ではありませんが、お土産屋さんや
直売所に置いてありますよ。


2012/12/10

妙義神社 本殿・唐門


平成19年の台風により裏山が崩れ、
以後修復工事を行っていた
妙義神社の本殿と唐門が参拝可能になりました。

どちらも国の重要文化財に指定されています。

妙義神社HP


ここから先に上るのは初めて・・・

市のホームページに載っている以前の写真と比べると
杉並木はだいぶ切られたようですが、
大木の根に押し上げられて波打つ石段に歴史を感じます。
樹齢はどのくらいなんでしょうね。

165段を上り、門をくぐってさらに石段を上がると
唐門と本殿に辿り着けます。


すごいすごい!
この重厚感、この美しさ、素晴らしいじゃないですか!

豪華絢爛な装飾のひとつひとつを見れば見るほど
引き込まれてしまいます。
日本の伝統の技はこうして残していかないとですね。

(公式ページには内部の写真も掲載されています)


銅葺き屋根がこんな色をしているのは
今のうちだけですよー。


ああ楽しい♪

今までも素敵な神社だとは思っていましたが、
さらに惚れました。

誇らしいです。


2012/12/09

下仁田ネギミネーション


今年もイルミネーションの、いや、
ネギミネーションの季節がやってきました☆

防寒対策をばっちりして、ほたる山公園へ~。



また電球の数が増えた様子。


そして国道からもはっきり見える巨大下仁田ネギ
今年も新たなデザインで登場!

12月23日(日)には
子ども向けイベントがあるようですよ☆


浜昭


お蕎麦屋さんのブログを見て気になっていた
下仁田の浜昭HP)へ行ってきました。

お寿司屋さんだけど、とっても入りやすい雰囲気♪


海なし県でも美味しいお寿司~


寿司屋なのに本格ピザ~

え!ピザ!?そう、ピザです。石釜風の。
寿司ネタにできる素材を使った豪華で上品なピザ、
この日はズワイガニと生桜海老がたっぷりでした~


おつまみメニューも美味しそうだったなぁ。

女将さんの気配りも嬉しかったし、
色々食べたいので次は4人以上で行きたいです。



2012/12/08

メガネさん



zzz...





「はっ!」





「寝てませんけど?」



昔の写真


富岡製糸場の東側、「おぎのや」さんの近くに
昔の工女さんの写真が貼られていました。


昭和10年、原製糸時代の工女さんたちが
運動会で「林檎喰競争」している写真とか・・・

ふむ。もっともっとまちなかの至る所に
昔の写真が貼ってあったら面白いなぁ。

私だったら見ながら歩いちゃうなぁ。


土屋魚店

宮本町通りの創業160年の魚屋さん。
改装工事を先月終え、新しい看板も付きました。

土屋魚店詳細


とっても入りやすくなって、
店内も明るく見やすいですよー。

鮮魚の他に乾物と手づくりのお惣菜も扱っています。


店頭でコロッケやメンチ等の揚げ物の注文も
できるようになりました。

揚げたてのアジフライや大きな海老フライ片手に
富岡散策できるわけです。新しい。

電話で注文すれば焼き魚もフライも
必要な時間に出来立てを用意してくれますよ☆


2012/12/03

湯端温泉


今年、6年ぶりに営業を再開した吉井の温泉宿

湯端温泉 湯端の湯地図

に行ってみました。


全面リニューアルで再開させたのは、まだ若いお孫さん夫婦。

亡くなられたおじいさんの後を継ぐために
温泉宿で修行しながらこつこつと準備をしてきたそうな。
いいお話。。。

お風呂は、内湯と外湯(土日祝限定)の二つで
どちらも貸切制の家族風呂☆

中の写真などは、他の方のページに詳しく載っているので
検索してみてください。

湯端温泉のブログはコチラ


源泉量が少ないため湯船のお湯は薄めてありますが、
ぬるっとした源泉を体に塗りたくったら
びっくりするほどお肌がツルツルになりました♪

※源泉はかなり濃いので、人によっては
目の回りなど赤くなってしまうそうです。

夏は湯上がりにデッキで涼みながら
ホタル鑑賞したいなぁ。


2012/12/01

肉の原田

あなたはどこのコロッケが好き?
岡重?もりへい?それとも

原田精肉店地図


銀座通りに昔からあるお肉屋さんです。

学生に人気の岡重さんが近くにありますが
こちらは近所の奥様、おじさまの姿をよく見かけます。

というかこの距離に二つの肉屋さんがあるなんて
本当に「銀座」だったんですねー。


毎朝作るコロッケは、工女さんも食べた味。

ヒレカツなども美味しいですが、
一番人気は「チャーシュー
よく味が染みていて、おつまみにピッタリでした♪


こまつや


「甘楽」って名前の入ったお菓子を
甘楽町のお土産に買いたいわ~。というあなたに、
こまつや(地図のお菓子はいかがでしょう。


「甘楽」と書かれたお菓子がこんなにたくさん!
(お約束「○○の月」も)。安定の懐かしい美味しさです。

創業110年。和菓子、洋菓子、生菓子
とにかく何でも扱っているこまつやさんで
一番人気のお菓子を聞いてみると・・・


「レモンケーキ」だそうです。

特徴は、スポンジとチョココーティングの間の
バタークリーム。ちょっとリッチなのです。

茶色の「アーモンドケーキ」もありますよー。