「はーて」で草木染め体験



私も何か体験してみたいわー ということで
『これが本当の草木染め』に参加してきました!

講師は、妙義に工房を構える山崎先生。
草木染の世界でとても著名な方で、
二年前に高崎から移り住んだそうです。

今回は工房をお借りして、同じお仕事をされている
息子さんも一緒に教えてくださいました。


それでは採集からスタート!

左上:近所の金井さんからの枝をいただきました。ワイルド。
右上:杉の葉の青い部分だけを、細かく切って使います。
左下五倍子も用意してもらいました。中から出てきたゴマの
ようなものは、です。水で洗い流して使います。
右下:実行委員が家から持参した紅梅の木(薪用だった)でも挑戦。


群馬産シルクのハンカチを染めまーす。

左上:輪ゴムと箸とビー玉・おはじきを使ってハンカチを絞ります。
右上:どんな模様になるかは染め上がってからのお楽しみ・・・
左下:煮出して濾した染液に入れて、弱火で煮染めます。
右下:10分煮たら用意しておいた媒染液に浸します。


左上:薄らとしか染まっていなかった五倍子が・・・
右上:鉄媒染に浸していたらみるみる色が濃くなりました。
左下:媒染液に20分浸したら再び染液で10分。
右下+アルミ媒染も、こんなにキレイに染まりました~。


ピンクが、紫が五倍子、黄色が紅梅です。
どれも美しい色で感激!
模様も個性があって面白いですね~。
(私のは一番手前のやつです)

採集から始める、この土地ならではの草木染。
ぜひまた他の季節に開催してほしいプログラムでした。


内容を充実させて帰ってくる次回の「はーて」も
楽しみですね♪次は秋かな?

こんなことやりたい!という案があれば、
遠慮せずぜひ提案してみてください。

体験してみて思いましたけど、
こういうことは参加したもん勝ち、楽しんだもん勝ちですね。


コメント