長厳寺の磨崖仏


「磨崖仏行った?日本一だよ」
と相方に言われ、そういえばまだ行ってなかったと
甘楽町の長厳寺地図)を訪れました。


「日本一」らしいのにマップにも載ってない・・・
それをなぜ旦那が知っているのかと言うと、
小学校の遠足で訪れたことがあるんだそうです。
「鎌倉行った翌年がここで、がっかりした」というのは余談です。


お寺の門には「木魚」がぶら下がっていました。
山門を入る前に打つよう書かれていましたが、
法事中の様子だったので控えました。。。


お寺の横から裏へと進むと、石段が現れます。
それをぐんぐん上って行くと・・・
ありました!磨崖仏が!


確かに大きい!すごい!でも顔だけ!?
なんでしょう、「お腹いっぱい」みたいな
幸福感に溢れているお顔でちょっと癒されます。


周囲の石にも様々な彫り物が施されていて楽しめました。
(ちなみにこの先は「連石山ハイキングコース」と
書かれていますが、うっそうとしていました)

この磨崖仏、甘楽町の吉田さん(故人)が
昭和54年から6年間かけて、
町の発展と町民の健康を祈願しノミでコツコツと
彫り上げたのだそうです。

そしてこちらの岩山、富岡製糸場の基礎石を掘り出した
場所でもあるそうですよ!
(ニューライフ富岡2012年10月号より)



コメント