お休み処 信州屋


城下町小幡の桜並木に面した元商店・信州屋が、
町に寄付され、お休み処として生まれ変わりました。


明治38年竣工。
呉服などを扱う商店、質屋として創業したそうです。

外観はあまり変わっていないように見えますが、
実はかなり大掛かりな改修が行われています。


古いショーケースや建具をそのまま利用して、
かなり素敵な空間になっていました。

お手頃価格の喫茶メニューもあり、楽山園珈琲
甘楽野ソフトクリームで一息つくことができます。

あらまあ、お庭まで作っちゃって。


立派な梁がカッコいい二階の多目的スペースも、
床が張り替えてあって、これまたステキな空間に。

しかも目の前に満開の桜が見えるじゃないですか!
これには観光客の方々も大喜びです。

このセンスの良さ、思い切りの良さ、
さすがですね甘楽町。


コメント