スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

リクオライブ@富岡

明日です。
時代はお寺ライブかもしれない。
富岡でライブが当たり前になるかもしれない。
詳しくは
リンク:おかって市場|お寺ライブ。


オープン前日

あれは・・・抜け殻!?

リンク:お富ちゃんのお部屋




お蚕様

繭織工房さんのところに来て二日目のお蚕さま。
小さい小さい。

葉っぱも小さく切ってあげてるのね。

それから9日後―

「ざわざわざわざわざわざわざわざわざわざわざわざわ」
2回の脱皮を経て新幹線みたいになってました。 桑を食べるこの音、癒されます。

食べ疲れてるの?

あと数日で繭を作り始めるそうです。


リンク:繭織工房の日々


小野の赤レンガ倉庫

まさか あんなに素敵な空間がこの中に広がっていたなんて。
ただの貸衣装屋さんじゃありませんでした。


リンク:凛-RIN-

出稼ぎ中でこちらにはいらっしゃらない事が多いそうです。


新しい豆腐屋さん

小幡に新しくお豆腐屋さんができていたらしく、 買って来ていただいちゃいました。
豆腐はそのまま何も付けずに おからはお酢をかけただけで
美味しく食べられましたよ。

あと半分はケーキにしよう。
素敵なお店っぽいから、近々行ってみよう。

お休み処信州屋の近くらしいです。

リンク:甘楽町|お休み処信州屋


ある日の銀座通り

看板猫と。



試し味噌

自家製味噌が切れたので買ってます。
今回は上野村の「十石みそ」ではなく、 甘楽町の「轟みそ」にしてみました。
次回は南牧村の「ヤマタ味噌」にしてみよう。
みんな麦味噌で嬉しいなぁ。

☆西上州の味噌をまとめたガイドブック『ここが味噌』は こちらのページからダウンロードできます☆


11

なんとなんと、昭和11年11月11日創業。

三代目、字が上手いなぁ。

リンク:小澤家



豆日記

種まきから一週間。





歩いて帰る途中の出来事

「あ、こんにちはー」なんて言っていたら、
フィギュアをUFOキャッチャーで取るのが上手で フィギュアを撮ってポスターにするのも上手な某マスター
の真似をして写真を撮る流れに。

まだまだですね。

マスターを講師として こういう撮影会を開いてみてもいいですよね。 好きな人はどこかにいるはずですよね。
なんて話をして帰りました。

土日は昼間も開いてます。 人が来ないそうなので遊びに行ってみてください。

リンク:ジィハウス


松浦にて

鳥のボタンかわいい!けどもうなかった。


えんぴつのボタンかわいい!けどもうなかった。

入荷予定、なし。


ぶらり銀座通り

富士屋のアヅキアイスからの

視力検査からの


!?


ヨッシーのたまご。


本日のランチ

やっと三回目。初ランチ。

ごちそうさまでした!



リンク:Trattoria e bar il Girasole


高瀬の風景

田植えをしたばかりの田んぼと

黄金色になりつつある麦畑が混在していました。


このあたりから見る上毛三山も、

なかなかバランスがいいんです。





森林浴@大塩湖

いいお天気で、やることはたくさんあったけれど、 全てを投げ出して飛び出しました。 大塩湖に呼ばれたので。
こんな道もあったのね。

はい一周。
良かった。新緑が最高に気持ち良かった。 本当に来てよかった。

近いんだから、行きたいときに行けばいい。


リンク:大塩湖|富岡市観光協会


食べ納め

「ジャム用」として出回る最後の苺。
とっても安くて、とっても甘い苺。
苺の産地で良かったですね。



晩御飯@下仁田

ひさびさにこちらへ。
クリームコロッケにしようと思ったら売り切れだったので チキンソテーにしました。


下仁田の味、好きです。

リンク:下仁田町商工会|産業情報


バラと多肉

K夫妻に教えてもらった、松井田バラ園へ。
手作り感あふれるバラ園、 奔放に咲いている様子がとっても私好みでした。

でもバラより何よりこれですよ。多肉植物ですよ。 種類が多いなんてもんじゃないんですよ。
横浜からわざわざ来る人がいるのも頷けます。 私もすっかり魅了されて、多肉デビュー。

初心者なので100円コーナーから適当にみつくろって

部屋に飾れるように寄せ植えにしてみました。
今日から多肉ファンの仲間入りです。


第15回 げんきフェスタ

ちょっと不思議というか、 なんというか、 突っ込みどころがあるというか、 なんとも言えないんですが、 盛り上がってました。
人のつながりを感じました。
15年続いてるって、すごいなぁ。
主催の「富岡げんき塾」には誰でも参加出来ます。 気になる方は宮本町の「いりやま」さんへ。

とみおかロボット壱号機、通称「とみロボ」。 ずっと肩が出てた。


(私この日は笑顔を撮らせていただいてました。
リンク:スマイルとみおか|Facebook

立てば芍薬

それは相当な美人だなと思います。


ところで
「富岡しゃくやく園」 を何度見ても
「富岡しゃくしゃく園」 と読んでしまいます。

リンク:富岡しゃくやく園|観光協会FB


たわらやの味噌まんじゅう

安中市松井田の和菓子店・たわらやの「味噌まんじゅう」
富岡は関製菓店の「小町まんじゅう」や 上野村の「十石みそまんじゅう」や 甘楽庵山ぐちの「もっちり饅頭」のような 味噌餡の饅頭ではなくて(上記三つは私のお気に入り)、
辛味噌と茄子が入ってる!
不思議と懐かしさを感じる味。 辛さの加減が絶妙で、美味しゅうございました。


イタリアンがまたひとつ。

動楽市の後は疲れきっているので必ず外食。
今回は、元『ま・めぞん』の場所に先月オープンしたばかりの トラットリア『IL Piatto』さんへ→地図
(『ま・めぞん』さんは仲町通りの大村支店さん向かいに移転しました)

本格派っぽい。大丈夫かしら。 と思いきや、 とってもカジュアルな雰囲気で気軽に入れるお店でした。 子ども連れでも一人でもいけます。
そしてついに富岡にもピザ窯ですよ、ほら。

もうお馴染みのジラソーレ(HP)さんに続いて、 食材にこだわるイタリアンのお店がまたひとつ。



第7回 動楽市

「高崎より西に行く理由がない」
という声をよく聴きますが、 この動楽市には東の人も南の人も北の人もやってきます。
「何もない」わけじゃなくて 「何もやってない」だけだとしたら
富岡はすごく可能性のあるまちだと思う。


動楽市について→動楽市のブログ