きゃらばん


2,3年前に友達に
「近くにいい珈琲屋さんがあるよ。そこで豆買ってるよ」と言われ、
じゃあ行ってみようかと思ったら休業してしまい、
それから営業再開したのは知っていたけれど、
行ってみようかと思うといつも定休日で、
自分の中では幻の珈琲店でしたが、
営業日を教えてもらったので行ってきました。

要するに何が言いたいのかというと、
火・木・土は営業しているということです。


少し緊張しながらもカウンターに座って、
遊びを知っているに違いないマスターとお話しさせてもらいました。

目の前には13種類の豆と、様々な柄のコーヒーカップ。

私が「13種類ですか」と言うと、
「これでも半分にしたんだよ」とマスター。

以前は25種類も揃えていたんだそうです。

私が「今度はコーヒーゼリーを食べよう」と言うと、
「もうあんまり作ってない」とマスター。

今は週三日の営業にしたため、フードはほとんど
用意していないそうです。

それでもこのお店が重ねてきた日々は
マスターと常連さんを含めたお店の雰囲気に表れていて、

私なんてまだまだ子供だなぁと、つくづく感じたのでした。



(ちなみに高崎の「きゃらばん」は、お兄さんだそうです)



コメント