スキップしてメイン コンテンツに移動

おぼん

私が生まれ育った埼玉県西部と
今住んでいる群馬県西部。

言葉や文化は似ているところが多いのですが、
小さな違いを見つけるたびに
郷土色を感じてちょっと嬉しくなります。


赤飯の豆が大きくて、たまに甘い。
「富岡」「前橋」「いちご」の抑揚。
お葬式に「新生活」の文字。
「お大事なさい」などなど。。。

ちなみに最近気になりだしたのが、
「お盆」と「姉」のイントネーション。

こういうのをちゃんと覚えておいて、
他県民に紛れた群馬県民をいつか発見してみせる!

というのが密かな夢です。


コメント

  1. 分かる!分かるわぁ~。
    私も一応東京から嫁に来た者なので、eriさんが書いてる全てのことに「!」となりました。

    病院で働いている時、患者さんが「おおごと」「やめる(感じで書くと病めるなのかな?」「めっぱ」「サビオ」など、聞き慣れないことをおっしゃるので、「それはどういうものでしょうか?」などと聞き返したことも・・・(-―;
    「お大事なさい」はなんだか丁寧な命令形のような感じがしちゃって1度も使えなかったなぁ。

    千葉の大学時代、同じクラスにウチのダンナともう1人、「いちご」と「あくび」の発音が違う男子がいて、出身を聞いたら前橋とのこと。
    「群馬出身者みいつけた!!」と嬉しくなっちゃったことを思い出しました。

    返信削除
    返信
    1. ですよねですよね〜!でも「サビオ」はまだ聞いたことがない!
      誰かに言ってもらおう!笑

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

富岡市のパン屋さん

富岡市の個人経営のパン屋さんを 『 知りたい!富岡市内のパン屋さん 』 にまとめました〜🍞 2019年の情報ですので、 営業時間の確認などに使ってください🍞 店主さんとお話ししてみると、考え方は少しずつ違っても 皆さん真っ直ぐにお仕事をされているということがわかりました。 これからは今までより気持ちよくお買い物ができます♪ 他にも何か見たい特集があれば教えてくださ〜い。

子育てアンケート

初めて「前橋こども公園」という公園へ行ってきました。 知らなかった・・・ 「るなぱあく」からほど近くにこんな場所があったなんて・・・ すごいです。一日いられます。 でも家から遠いなー。 前橋に住みたくなっちゃうなー。 なんてね。 でも他にもいろんな理由で 「子育てするなら他の市町村がいい」と 思ったことのある人はいるかもしれませんね。 そんなあなたの手元にもし 「 子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査票 」が 届いたならば、ぜひ記入して投函を! 届かなかったけど意見がある人は ホームページのお問い合わせフォームに! 家で愚痴ってても何も変わらないからぜひ! 次の人たちのためにぜひ!

11月ふりかえり

11月。いい季節だけれど なんだかやけに仕事が集中してしまい、 ほとんど庭に出ませんでした。 年末年始は家の中も外もしっかり お掃除しよう。 冬の庭の手入れは楽しいのです。 秋晴れの日に 中高瀬観音山遺跡を散歩。 見晴らしがよくて 自分以外誰もいないという状況が大好き。 一人ってなんでこんなに楽しいんでしょうね。 草や木や空や虫と会話してるような気も しないでもないです。 怪しい人に見えるんでしょうね。 ある日のおかって市場ランチ。 おかあちゃんのスタミナランチ曜日 (勝手に命名)でした。 素晴らしいボリューム。 美味しいし、なんだか元気になる。 しかもめっちゃ安い。 お腹いっぱいで夕食代も浮きました。 田舎に住んでていてよかったことの一つ。 紅葉シーズンの朝と夕方、 家の周りがこんな色になるので 夢見心地で過ごせます。 これからは寂しくなるけど、 新緑でまた感動するからいいんだ。 3連休の真ん中に開催された 「Outdoor party on the grass」 富岡のイタリアン、フレンチ、和食の名店がコラボしている その光景が美しかったなぁ。 スープもパエリアもランチのメインも さすがの美味しさでした。 そしてお天気が良くて気持ちよかった! 持参したハンモックをたくさんの人に使ってもらえて とても嬉しかったです。 子どもも古本屋で好みの絵本と出会えて、 すっかりお気に入りに。 いい一日になりました。 連休最終日は甘楽町でも紅葉を満喫。 紅葉山公園を歩いて、 総合公園を歩いて、 お昼ご飯を食べたその後は・・・ 富岡製糸場のレゴブロック展へ。 10月にオープンした西置繭所、見応えありますね! ここが公開されてようやく 世界遺産に来た感があるというか、 1,000円の価値あり!って思います。 ま、市民は入場無料なんですけどね。 (レゴブロック展は有料です) 歩き疲れた体を温泉で癒やして、 3連休は終わり。 近場でこれだけ楽しめちゃうから、 富岡甘楽の暮らしはやめられません。 ・ 他の写真は、こちら↓へどうぞ。 @mayutoito @tomiokanra