くるくるくるくる

月1回の癒やしの時間。つむぎカフェ。(前回の記事

コマで糸をくるくると紡ぐ続きをやっていたら、
近所のおばあさんが覗きに来ました。


養蚕農家だったというおばあさん。
何もない時代、真綿(絹の綿)から糸をつむいで
布を織ったことを、懐かしそうに話ていました。

お年寄りばかりの街でシャッターをひとつ開けると、
こういった効果があります。


なんとか撚れたところで、かせにする作業。
インド製チャルカさんにお願いします。

悲しくも結び目だらけになった糸をくるくるして、
タコ糸で結って外してくるくるっとしたら、


かせ糸できたー!
これを持ち帰って茹でて、糸を強くしまーす。

時計も見ずに、雨音を聴きながら、
大豆を育てたいだの醤油が作りたいだの話しながら、
黙々と糸を紡ぐ数時間。

とっても贅沢で幸せな時間です。

コメント