絹糸で素数糸かけ

繭織工房さんで
「糸かけ曼荼羅」のワークショップをやって来ました♪


まずは木の板に64本のピンを打つところから。

指を叩くんじゃないかと心配だったので、
ペンチが用意されていてホッ。ガイドの穴もあってホッ。


それでは絹糸を選んでかけていきます。

繭織工房さんがお蚕さんから育てて紡いで
草木で染めた美しい絹糸たち。

この中から好きな色を選べるということが
とてもとても楽しい。


いつも同じピンで始まり、同じピンで終わる糸かけ。
1周目は、最初のピンから31本目にかけて
またそこから31本目にかけて・・・
全てのピンにかかると中心に小さな円ができました。


2周目は29本目、、3周目は23本目、、ふう。
3周目に手こずりましたが、
なるほど、こんな風に円ができてこんな風に
色が出てくるのかと、この辺りで理解ができました。

その後も直感で色を選び、黙々と糸かけに集中。


開始から3時間半、最後の9周目がかけ終わって完成!
一緒に体験した方のと比べてみると、
まったく雰囲気が違って面白いですね〜。

やり終えると
「ここにあの色を使ってみたかったなぁ」とか
「全体的にあんな雰囲気にもしてみたいなぁ」なんて
思ってもう一回やってみたくなりました。

思い切り集中したい方におすすめです。
自分との対話もできるかも。


そんな「絹糸でつくる糸かけ曼荼羅ワークショップ」。
次回は13日におかって市場さんで行われます。



コメント