手ぬぐい作りました。


富岡製糸場の絵柄以外のご当地手ぬぐいが欲しい。
飾って美しい手ぬぐいよりも、
日常生活でがんがん使える手ぬぐいが欲しい。


と思っていたところに素敵なお誘い。


繭織工房のななちゃんと共同デザインで、
富岡手ぬぐいを作りました!

↓ ↓ ↓

『tomioka tenugui』第一弾は2種類!


製作は高崎の中村染工場さんにお願いしました。

注染という伝統技法で職人さんが染め上げる、
群馬県内で唯一の工房です。

日常生活に伝統工芸。ちょっと豊かな気分になりますね。


広げてみますと・・・

お蚕さまが繭を作る蔟(まぶし)を描いたこちらは、
昔ながらの手ぬぐいが好きな私にはたまらない柄。

頭に巻いても首にかけてもサマになります。
ぜひ仕事場に連れて行って欲しい!


もうひとつのこちらは洋風にも合う色柄。
バッグに忍ばせておいて欲しい!


タオルやバンダナ代わりに使う他にも・・・


ボックスティッシュを包むも良し。



お弁当を包んだり、ブックカバーにするも良し。



ペットボトルやお酒の瓶を包むも良し。



ぜひ使い倒していただきたいです。



◎購入について◎

1枚1,080円で、現在おかって市場さんと
仲町と宮本町のまちなか交流館さんで販売しています。

複数枚のご注文は販売店もしくは
繭織工房までお願いします。
e-mail:  mayuorikobo @ yahoo.co.jp

(私の方でも受け付けてます)


コメント