さよなら、(仮)。

富岡にやってきてから今まで住んでいたアパートは、
製糸場まで徒歩で行ける住宅街にあります。

車が苦手で趣味は散歩。
そんな私のことを考えて夫が探してくれました。

この景色を毎日見て通いました

おかげで早く富岡のことを知ることができたし、
このブログを通してお伝えしていくことができました。
(よく間違われましたが市の職員ではありません)


ただ、広い家が見つかり次第引越すつもりだったので
常に私の頭の上には(仮)がついたような状態。

中心街や市内広域の顔見知りは増えても、
地域の人間になることができずにいました。


そんなフワフワ感も2014年で終わりです。


さようなら、(仮)。
身軽さをありがとう、(仮)。


コメント