スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

多忙でも

竹の子退治だけは忘れちゃいけない。 それが山際暮らし。

※立て込んでいるので今週はブログの更新をお休みしまーす。


晴れ間

物干し場の窓からの景色その1。おーい稲含山。
スカッと晴れた空は久しぶりです。

反対側の窓からの景色。おーい気をつけて。
大雨が降ると滝が出現していたので、 雨樋に溜まった枯葉を取り除いてもらいました。

今日の大塩湖も気持ちよかった〜。
湖面キラキラです。

午前も午後も子連れのお客さんが来て 楽しい日曜日でした。
たまには大塩湖でボートでもいかがですか。

よく降りますね

ミニトマトが割れまくるほど、 毎日よく降ってます。


その間に 畑の紫陽花がいい感じになってきてて。


南天の花もいい感じに咲いてきてて。


蜘蛛の巣なんてかなりいい感じです。



一本じゃなかった

コンニャクらしきものが出たところを 改めてよく見てみると、 もう一本葉が開きかけているのがありました。
さらにその周りに小さな芽が10くらいあって。
君たちコンニャク畑になろうとしているの?



リッチに

仏蘭西菓子MIKADOさんに行ったら 夏季限定のパンと出会えたので買ってきました〜。
焼きたてのクロワッサンの香りが充満した車内は 最高に幸せな空間でした・・・
普段はリーンなパン派ですが、 良いバターを使っていれば、リッチなパンも焼き菓子も 美味しくいただけちゃいます。

ケーキもたまにしか食べませんが、 食べたくなったら高確率でMIKADOさん。 特に好きなのはフルーツを使ったタルトです。(この日は買ってないけど)
遅ればせながら初めてのスイカのショートケーキ、 1口食べて「絶妙!」と唸りました。 これはリピート決定だー。

リンク:仏蘭西菓子 MIKADO


そんなところに一本だけ

芝生地帯の真ん中に一本だけネジバナが出現。 かわゆい。
この前おしゃべりしたおばあちゃん、 この花が好きだって言ってたなぁ。

植木ゾーンでは一本だけコンニャクらしきものが出現。 なぜここに?
雨続きで地面を観察する回数が減ったら、 いつの間にかいろいろ伸びててビックリします。


あせもの季節

ガラス戸をバンバン叩く時に 悪い顔してこっちを見るようになった。
始まりますか。イタズラ始まっちゃいますか。

かかってこーい。


梅か杏か

白梅の実を収穫したのは2週間前、 梅雨入りの翌日でした。

他の果樹同様、大きくなる前にぽとぽとと落ちて 収穫できたのは11粒だけ。
蜂蜜の空き瓶でシロップ作ってまーす。

そして夏至の昨日収穫したのはこの梅・・・?
大きな梅だなと思っていたけれど、さらに大きくなっている。 梅じゃなくて杏か。

雨で落ち始めていたので全部収穫。
冬に蕾がたくさんついていた枝を落としたので 今年は10個でした。
半分はシロップに、半分はそのまま食べよう〜。

シュロの実

シュロの木に実がなってる。
あれ?種が落ちてたんじゃなかったっけ。
じゃ、けしの実みたいなやつは、 花が散ってただけだったのかー。

昨日の紫陽花@大塩湖

この1週間の雨で水位が戻った大塩湖。
湿生植物園付近は紫陽花の湖です。

この日もどんより。頭が重い。
でもここに来ると、ちょっと気持ちがスッキリします。

お肌もしっとりです。


シルキーなイベントに遭遇

小幡の桜並木のところも紫陽花きれいだったよなー と思い車で通ったら、 『絹の国ふるさと祭りin甘楽』が行われていました。
すっかり忘れてた。今日だったか。 キルギス共和国のブースが気になってたんです。 やった、可愛い手づくり雑貨が買えたー。
物産市では、こまつやさんの トマトとチーズが入った「イタリアやきもち」を購入。 温めて食べたら美味しかったー。
富岡市のテントでは紙石鹸と缶バッヂをもらい、 くじ引きではかんらちゃん手提げ袋をもらい。
たまたまイベントに遭遇すると嬉しいですよね。

(小幡の紫陽花の過去記事はこちら


本日の紫陽花@長学寺

昨年来た時は終わりかけだったのでリベンジ。
まずは蚊に刺されながら山の斜面へ。 葉をかき分けて山登り感覚です。 あ、ここに崇台山の登山口があるんですねー。

そして大イチョウの方へ。広い境内、紫陽花だらけ。
いろいろな品種が植えられているので、 違いを楽しみながらぐるりと歩けました。

君たちはお疲れですか。

甘楽町の宝積寺の紫陽花も載っている昨年の記事は こちらです〜。




石坪の池

神成の石坪の池へ、大賀ハスを見に行ってきました〜。
木道があって、綺麗に整備されてます。 現在も何やら工事中でした。

大賀ハスは古代蓮の一種。説明が書かれています。

これからたくさん咲きそうですねー。

やっぱり綺麗だなー。蓮は午前中だなー。

雫もたまらない。

さらに池の面積が広がっていきそうな予感。 神成山ハイキングとセットで楽しめる名所になりそうです。
地図はこちら ↓ 富岡市観光協会Facebookページ



ひかえめ紫陽花

花だけ見たら、「白いアジサイ咲いてる」って思う。
でも枝が伸びるところから見ていると、 「君、アジサイに似てるけど、ちょっと違うね」ってなる。
で、調べました。西洋アジサイのアナベルさんでした。

2週間前にも紹介したヤマアジサイは、 白からピンクになって、さらにさらに紅くなりました。
どんだけ楽しませてくれるの。

あ、畑でもガクアジサイが地味に咲いてました。 今年は剪定してあげるからね。
明日また大塩湖に行ってみよう〜。


物置の箪笥

床が張れた台所。次は食器棚兼カウンターが欲しい。
でもこの家に大きなモノをこれ以上増やしたくない。 物置にあるタンス、使える気がする。
というわけで移動してみました。いけそうです。

裏側の釘をなんとかしよう。 板が薄いから補強が必要かな。
戦後の貧しい時代の物かもしれませんね。

引き出しに敷いてあった新聞紙が昭和20年代でしたし。
挿絵がどれも可愛いんですよ〜

意外なことに、今読んでもあまり違和感がないんです。
新聞の形式ってほとんど変わってないんですね。

ちょうちょちょうちょ

白いお花に白いちょうちょ。


黄色いお花に黄色いちょうちょ。


オオムラサキ来ないかなー。


スモモが落ちた

雨が一休みした隙に庭と畑の見回り。
するとスモモが数個落ちているのを発見しました。
ここまで大きくなったのもあったんだー。

というのも、ほとんどの実が 大きくならずに落ちてしまっていたのです。
これは貴重な生き残り。 (半分虫に喰われていたけれど)

なんとか7個。虫が食べた部分と 種を取り除いたら本当にちょびっとだけ。 そして味は…それなりでした。
けれど1個も食べられないと思っていたから、 むしろ得した気分です。


手で食べたいお年頃

頭の天辺からつま先まで米粒だらけです。

食事に噛みごたえを求めるようになり、 食べる量が増え飲む量が減り、 手で食べたいとせがむようになり。
ガラス戸の鍵を開けられるようになり、 引き出しが開けられるようになり。
夜はもがきながらも自分から寝るようになり、 夜中の授乳の回数が減り。
実家のお風呂でも泣かないようになり、 私が離れるとすぐ泣くようになり。

たった1週間でそれだけ変わってしまうなんて。



そばの芽

夫がお蕎麦屋さんでもらってきたソバの種を 一筋ぱらぱらっと撒いてみたら、芽が出てました。 もう1週間経ったのか。
間引いた芽はサラダに! 色が綺麗で、シャキシャキして美味でした〜。
ひょろひょろのソバさん、 これからどんな試練が待ち受けているのでしょうか。

本日の寄り道

銀行ついでに上町通りの蓮チェック。
咲き始めたばかりかな。


駅前通りのブルーベリースムージーの お味もチェック。
贅沢かつさっぱりして美味しい〜。 (ヨーグルト入りもあり)

6月ってどこも人が少なめで好きです。