仮殿遷座祭のほんの一部


12年に一度の式年遷宮祭が行われている貫前神社。
12月12日から13日は仮殿遷座祭です。

歩いてくる間に地元の方からこのお祭りのお話を
少し伺えたので、神社周辺地域の皆さんにとって
どれだけ大きな行事なのか知ることができました。


火消し行列い組の皆さんの後をついて行き、
お馬さんのハートを確認♡

私は息子とのお散歩がメインなので
祭事の写真は他をあたってくださ〜い。


なんだかいつもと違うね。

ちなみに、警備警護隊につけられた「い・ろ・は」は、
かつて神社が火事になった際に
駆けつけた順番らしいです。


境内では、真御柱御劔奉遷祭が始まりました。

御剣を本殿から仮殿へと移す様子が見れたらと思ったのですが、
それまで時間がかかりそうなので外へ。


2時20分、大鳥居下の駐車場に火消し行列が集結。
階段にみなさんが座っているのは、
これから行われる梯子乗りを見物するためです。

これは見やすくていいですね。
意外とスペースにも余裕がありました。


息子がじっとできなくなってきたので後ろへ。
こっちから観るのもいいですね。ヨッ!

思わず「普通の人がやってるんですか?」って
聞いちゃいました。凄いなぁ。


生の梯子乗りは初めてです!しかもこんなに近くで。

ハラハラ、ドキドキ、カッコいいな〜
下はこんな風に支えてるんだな〜


決まった!
見晴らし良さそう〜。


途中ですが息子が体力の限界になったので帰宅。

遷宮祭の主祭事である、御神体を仮殿へ移す遷御などは
深夜に行われました。
今回は睡眠優先で行かなかったのですが…↓

来年3月13日から14日にかけて、
仮殿から本殿へ移す同様の祭事が行われるそうです。


コメント