まちなか屋根散歩


あ、動かない鳩乗ってる。

思い立って、数年ぶりに一人だけで
富岡まちなか歩きをガッツリしてきました。
面白くて3時間じゃ足りなかった…。

今回は屋根に偏ってお届けします。


屋根だけで建物当ててもらおうかと思ったけど
誰も参加してくれなそうなので…
この尖ってるのは富岡市講堂ですよ。

一枚目の鳩が乗った「ほ」は、堀田屋商店さんでした。


まちなかは蔵がたくさん残っているので、
こうやって見比べるのも面白い。

高く積まれた棟が模様になっていたりするので
ぜひぜひ横からも見てくださいな。

(特に立派な旧吉野呉服店の蔵は現在改修中)


市民ですから散歩で富岡製糸場にも入りますよ。

伊藤博文の日の丸演説を表現したという、
海から太陽が昇る個性的な鬼瓦。

どのくらの大きさかはココ↓に載ってました。


ブリュナ館のハート瓦も定番の見どころ。

かわいいなぁ。



こちらは色んな鬼瓦がついてる検査人館。

屋根に水を連想させるデザインがあるのは
火除けの意味があると若い頃に聞き、
それ以来屋根を見るのが楽しくなりました。
文字で「水」と書いてあったりもしますよね。


また外に出て、こちらは龍光寺の山門。
立派ですよね。
鬼さんはとても大きな口をしています。

鬼と言えば前にもブログに載せましたが、


諏訪神社の鬼瓦が1番怖くて好きです。


そして今回のまち歩き1番の収穫、
新発見がこちら


坂本医院の屋根の破風に何かがくっついている。

どうも波の形に見える。
近づいてみたら、やっぱりそうだ。


龍光寺の山門の写真にも
このタイプの装飾が見られるけれど、
こんな風にちょこっとついているのもあるんですね。

…だいぶマニアックな記事になったので
そろそろ終わります。


秋を感じる。




コメント