スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

山の家

先日、妙義山のレストラン 『カナル山の家』へ行ってきました。
建物を囲む木々の緑が本当に綺麗・・・

ステーキは売り切れでしたが ハンバーグもカルビ定食も大変美味しゅうございました。
鉄板が牛の形をしているんですけどね、 気をつけないと脚の部分に手が当たって「熱っ」 となるので皆さん気をつけてください。

明るく親切なご夫婦で、 子どもにもとてもよくしていただきました〜。
太鼓叩いて帰ってきましたよ。

台風接近中

台風接近中、雨と雨の合間に青空が。 今だ!と思い『丹生のひまわり畑』に行ってきました〜。
丹生のひまわり畑|しるくるとみおか
うわーいすごーい。 気温も高すぎず、ゆっくり展望台からの景色を堪能できました。 見るなら1週間以内が良さそうです。
ピンヒールの靴はおすすめしません〜。

追記:台風の後、たくさん倒れてしまったようです。


今日は『とみおか夏まつり』が中止になってしまいましたが、 土屋魚店さんがイカ焼きを販売していると聞き 買って帰りました。
これで少しでも夏まつり気分を!

富岡フィルムコミッション

設立されたんですね! 『富岡フィルムコミッション』
公式サイトはこちら

代表の方がフィルムコミッションの必要性を熱く語り 仲間を募っていたあの時からはや数年・・・ とても嬉しいです。
これから必要なのは市民の協力。 ロケ地、エキストラ、宿泊、弁当などなど どうですか?みなさん。
私もなにか提供できるものがあればしていきたいなぁ。
現在もドラマのエキストラ募集中ですよー



南牧から佐久へ

暑いですね。水に入りたいですよね。
道の駅オアシスなんもくのすぐ下を流れる川は、 絶好の水遊びスポット!最近人気らしいです。 木陰もある天然の流れるプール、綺麗だな〜。
しかし我が息子、足を浸けることすら拒否。 わかった。川に入りたくないならそれでいい。 でも一箇所だけ付き合ってもらおうか。

というわけで、道路から一番近い滝「線ヶ滝」へ。 落差35m!今日もピシッと落ちてます。
南牧、上野、下仁田の涼しいところをまとめた過去記事はこちら
いやー涼しいな〜。 下まで降りようか。え、もう戻りたい?
↑ウバユリ!
それでは息子の行きたい場所へ行きますか。 南牧村から田口峠を使って長野県佐久市へ〜。
群馬から長野につながる道はいくつかありますが、 我が家はこのルートが結構お気に入りです(但し狭い)。 途中真っ青なダム湖が見えてびっくりしたりします。

もう4回目の佐久市子ども未来館に到着〜。 夏の特別企画展でおかしな1枚。 インドア派の息子さん、大いに楽しんでいました。
佐久市は公園もかなり充実してるんですよ。 また行きまーす。

今週のあれこれ

人生史上最も暑い夏。
毎日35度を超えてくると、生活様式を ガラリと変える必要がありますね。
地球の歴史の中で人間の一生なんてほんの一瞬なのに いろいろ経験できるもんだなぁ・・・

ところで富岡の小学生ってよく「カナヘビ」探してませんか。
私、よく見るトカゲとカナヘビの違いが わからなかったんですが、 近づいても動かないこの子のおかげで 観察して違いが理解できました。
カナヘビかわいいな。

暑い暑い言いながら庭の紫陽花を摘んで リースを新調。
これみんな、1つの木に咲いた花で 最初は明るい水色だったんですよ。 それがこんなに複雑な色に変化して、やるなぁと。
この紫陽花に憧れてます。

また暑い暑い言いながら今度は桃の葉を摘んで 煮出してお風呂に投入。
家族みんなあせもが出てきたので、 桃の葉風呂にしてみました。
うん、肌がしっとりしてる。

夏色

信号待ちの風景。 車の外は灼熱です。
ここまで異常に暑いと、 「暑さに負けるな」よりも「暑さと闘うな」ですね。
みんな涼しい場所に逃げてー。

買い物などしてから家に戻ると、 我が家の暑さは少しはマシなんだなと感じます。 土があるって素晴らしい。
お庭の水色の紫陽花はいい感じに色が変化して、 そのままドライフラワーへ〜。

夕立が来ない寂しさを、 夕焼け空で埋める19時20分。
今日も生きてる。

メガソーラーがやってくる②

メガソーラーがやってくる① から2ヶ月半が経ちました。
業者からはあれ以来なんの音沙汰もなく、 まさか水面下でどんどん進んでたりしちゃう? と不安になったので、 市役所の都市計画課に聞きに行ってみました。


今回の富岡の岩染、南後箇、野上地区にまたがる 「岩染太陽光発電所・環境保全事業」 という名の開発事業の面積ですが、 土地利用計画面積が1,306,075㎡となっています。
太陽光発電設備設置の開発協議に係る手続フロー (pdf)
をまず見せてもらいました。
「開発区域に森林を含み、開発面積が50,000 ㎡以上である」 に当てはまるので、 市ではなく群馬県の開発許可の対象になります。

県は計画を受けると、市に対して 事業の受け入れが可能であるかを確認するそうです。 市がそれを許可すれば、手続きが始まることになります。

で、今どの段階かというと、
群馬県「メガソーラー作ってくれるそうですけど受け入れますか?」 富岡市「それでは業者は住民に対して説明会を開いて、報告してください」
ここまでだそうです。
まだ市には、説明会を開いたことなどの報告は 業者の方からはまったく無いとのこと。

4月の説明会ではまだ住民の理解を得られていないため、 この2ヶ月で住民の声を完璧にクリアする回答を用意し、 次に開く説明会で決着をつけて市に報告するのではないかと思われます。

市は報告を受けると業者に対して、 「ほんとに大丈夫?こういう懸念あるけど大丈夫?」 と質問をしていくそうです。 その内容は住民から出たものとほぼ同じになると思うので、 業者はきっちり回答してくることでしょう。
一部の住民が反対をしていたとしても、 法律違反を犯しているわけではないので、 市は許可せざるを得ません。
そして今度は、県が定めた基準をクリアしていく・・・ その辺も事前にしっかり調べてあるはずなので うまいこと進めていくことでしょう。

ちなみに群馬県の基準は、厳しい方らしいです。 4月の説明会によると、 「30年に一度の大雨」に耐えられないと駄目なんですって。

・・・50年に一度の大雨が頻発している今、 安心材料にはなりませんけど・・・

さてさて・・・ 私たちはどうするの?

つづく

最近のお庭

酷暑からの雨続きにホッとしております。
この時期の好きなものの1つ、桔梗の蕾。
紙テープで星を作ったことを思い出します。

開く直前は紙風船のようです。
ところで朝夕に涼しいとひぐらしが鳴くようになりました。
その時間が最高に好きです。

京都土産の飴玉みたいな、コスモスの蕾。
畑がコスモスとマリーゴールドだらけになってきました。
一応、夏野菜も採れ始めました。

鮮やかなイガイガはエキナセア(キク科)の 真ん中の部分。
触るとソフトな剣山のようで気持ちいいです。

触ると気持ちいいと言えばこの草ですが 名前を忘れたので「触ると気持ちいい草」と呼んでいます。
近所の方に「これ花は咲くの?」と聞かれて 「咲かないみたいですー」と答えたけれど咲いた二年目の夏。 調べたらラムズイヤーという名前でした。

家の中では赤ちゃんユウレイグモが たくさん誕生していて幻想的でした。
小さい虫を食べてくれるクモですが、 さすがに多すぎるので移動してもらいました。

虫との生活は、慣れですよ、慣れ。