スキップしてメイン コンテンツに移動

いろいろな衣


富岡市立美術博物館の1Fにある市民ギャラリーで開催されている、
富岡市地域おこし協力隊・上原さんによる展示
『いろいろな衣』を見てきました。

上原さんは協力隊の3年間、富岡市で養蚕を学び、
養蚕、糸紡ぎ、染め、織りまで1人で行い、
ブランド立ち上げ、製品化、販売まで挑戦してきた方です。

私はその様子を近くで見る機会があったのですが、
情熱とパワーなくしては到底できないことをしてらっしゃいました。

地域おこし協力隊の活動もこの3月で終了。
この展示では、「シルク」と「藤布」を衣の観点から紹介しています。


シルクと一口に言っても、こんなに様々な表情が出せるのか…と驚き。
みんな最初は繭なのに。

でも元々興味のある人でなければピンと来ないかも知れないので、
ぜひ織り方などを説明してもらってください。

(聞いてもチンプンカンプンなこともありますけど)


藤布は、藤の蔓からつくられた、古代から衣服に使われていた布。
京都府の丹後で細々と受け継がれている織物で、
上原さんも丹後まで学びに行かれていました。

こちらもお話を聞いて、ほえーとなりました。

会期は24日まで。
詳しくはコチラ


コメント

このブログの人気の投稿

富岡市のパン屋さん

富岡市の個人経営のパン屋さんを 『知りたい!富岡市内のパン屋さん』 にまとめました〜🍞
2019年の情報ですので、 営業時間の確認などに使ってください🍞



店主さんとお話ししてみると、考え方は少しずつ違っても 皆さん真っ直ぐにお仕事をされているということがわかりました。 これからは今までより気持ちよくお買い物ができます♪

他にも何か見たい特集があれば教えてくださ〜い。


子育てアンケート

初めて「前橋こども公園」という公園へ行ってきました。
知らなかった・・・ 「るなぱあく」からほど近くにこんな場所があったなんて・・・
すごいです。一日いられます。
でも家から遠いなー。
前橋に住みたくなっちゃうなー。

なんてね。

でも他にもいろんな理由で 「子育てするなら他の市町村がいい」と 思ったことのある人はいるかもしれませんね。

そんなあなたの手元にもし 「子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査票」が 届いたならば、ぜひ記入して投函を!

届かなかったけど意見がある人は
ホームページのお問い合わせフォームに!


家で愚痴ってても何も変わらないからぜひ! 次の人たちのためにぜひ!


8月まとめ

毎日猛暑で午後は雷が鳴るという夏らしいお天気でした。
(高瀬公民館からの景色です。)


2日間だけ工作の先生をして、
(お店作って毎日やりたいな。)


取材して書いて、
(夏休みペース。)


美術館も行って、
(見るのはそっちじゃない。)

美術館で遊んで、
(そういう遊びじゃない。)


老朽化で使用禁止になっている遊具の多さを知って、
(乗れなくてもいいけどここにあるのもったいない。)


草ぼうぼうの庭は見て見ぬふりをし、
(暑いから仕方ない。)


まちなか留学の学生さんを受け入れて、
(まだ字が書けないので見本をなぞりました。)


イルピーノの姉妹店GOTETSUに行って、
(唐揚げ美味しかった。)


涼んで、
(オアシス。)

群馬県民らしく新潟の海に入って、
(佐渡まで行っちゃう。)