スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2020の投稿を表示しています

9月ふりかえり

  「想い出の鉄道文化むら」 久しぶりに行ってみたんですが、 サラッと見ただけで終了。 1歳〜4歳の間に10回以上来ていて、 何時間も遊んでいたことを話しても、 6歳児はほとんど覚えていないようでした。 「何度も来たんだよ」 「1日中遊んだこともあったんだよ」 と本人に何度でも言いたくなって 同じ想い出話を何度もする親の気持ちが わかりました。 「ぺぱぷんたす」 年に1回、発売と同時に買っている雑誌。 紙好きな人でまだ知らない人がいたら 絶対に教えたい雑誌。 001から自分用に買っていたけれど、 子どももしっかりハマっていて さすがとしか言えません。 何度でも遊べるので高くないです。 次号も親子で楽しみにしてます。 「館林」 夏休みに群馬の北の方を攻めたので、 東の方にも行ってみたくなりました。 そんなわけで館林に初上陸。 まずは「向井千秋記念子ども科学館」に行って、 大きなプラネタリウムにびっくり。 展示内容も充実していて楽しめました。 それから「群馬県立館林美術館」に行って、 建物の美しさにびっくり。 どこに立ってどこを見ても絵になるんです。 安野光雅さんの企画展を観るために行ったのですが、 建物も常設展示のフランソワ・ポンポンの彫刻も 最高でした。 また行きたいなー。 あ、忘れてた。 美術館に行く前に「茂林寺」にも行きました。 暗い時間には行きたくないなと思いました。 「太田」 太田も初上陸です。 「ぐんまこどもの国」に行ってきました。 児童会館の方は整理券制と知らず 入れなかったんですが、 外だけでも半日以上かかる広さと内容。 こどもの国と名乗るだけあります。 朝一で行って大正解。 お昼には入園待ちの渋滞ができてました。 こどもの国の後は、「旧中島家住宅」へ。 こんな家に住みたかった。 でもやっぱりこれだけの家を維持するのは 金銭的に大変なことですよね。 見学できるのは一部だけでしたが ボロボロになっているところもありました。 昔の豪邸が好きな方は、 無料で見学できるのでぜひ。 「ブラジル」 太田のついでに日本のブラジルこと 大泉町にも初上陸。 レストランブラジルでブラジル料理を食べて、 キオスケ・シブラジルで 輸入食材を物色して楽しみました。 人生初のカシュージュースは 異国の味。 この歳になって初めての味って 貴重だから嬉し。 ・ 他の写真は、こちら↓へ